五反田のうどん屋「おにやんま」で冷「並盛」とり天ぶっかけ

2017年11月午後、五反田のうどん屋「おにやんま」に行ってきました。

お店は、五反田駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

外にある券売機で食券を購入してから入店しました。店内は立ち食いスタイルのカウンター席のみです。平日15時半でしたので列ばずに入店できましたが、私が入店した後には列が出来ていました。

冷「並盛」とり天ぶっかけ 420円 3.5

温かけ、冷かけがメニューの基本となるようです。当然コシ重視で冷の方にしました。
“ぶっかけ”とはいうものの、濃い醤油の汁ではなく、関西風の薄い出汁です。
ただ完全な関西風のいりこ出汁の薄口醤油という雰囲気でもなく、割とカエシが強いのか関東風と関西風の中間くらいのイメージです。関西風より少し醤油感が強くて若干鰹節感も感じた気がします。後味は秋刀魚のような淡い青魚の風味も感じた気がして、なかなか複雑な味わい。

うどんは讃岐っぽい太い麺で、冷水でキュっと締められていますが、かなり硬い仕上がりというよりは比較的ソフトな中にもしっかりコシがある感じで、昔ながらの讃岐スタイルという感じですね。
並にしましたが量的にはそれほど多いという感じもなく軽めですね。茹で後300g弱かなあ。
ものすごく特別感のあるウドンというほどでもないですが、安価で気軽にレベルの高いうどんを関東で楽しめるのは貴重かも。

とり天も唐揚げのようにしっかりとした下味がついたもので、熱々ジューシーで薄い衣もサクサクしていて美味い!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都品川区の人気記事

コメントを残す