「とんき目黒店」で有名トンカツ屋のロースかつ定食

2017年11月夜、東京都目黒区のトンカツ屋「とんき目黒店」に行ってきました。

お店は、目黒駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

外に列びはなかったので入店しましたが、平日の21時過ぎだというのに店内壁際には20人~30人が列んでいるではありませんか。かなりの大箱ですがこれだけ列んでいるとはものすごい人気店のようです。

ロースかつ定食 1900円 3.4

メニューはロースかつ定食1900円、ヒレかつ定食1900円、串かつ定食1400円とシンプル!
初めてのお店ではロースカツにしているので当然のようにロースかつ定食を注文しました。

出てきたロースカツは150g強くらいかな。特別デカくはないけど必要十分なサイズです。
ご飯、豚汁、漬物が付きます。ご飯、豚汁、キャベツはおかわり自由です。

トンカツは縦にも切れていて一口サイズで食べやすいですね。
お肉は中までしっかり火が通って完全に熱変性しているタイプで、蕩けるように柔らかではなく割としっかり肉らしい歯応えを感じるタイプです。
決して固いわけではなく、ムッチリと肉らしい歯ごたえを残しながら簡単に噛み切れます。
蕩けるように柔らかなトンカツの超名店というイメージではなく、大衆的な街のトンカツ屋さんという感じのトンカツですね。塩は用意されておらずソースのみというのも納得です。明らかにソースが似合うトンカツです。

衣は細かめのパン粉で割りとガリっとハードな仕上がりです。つなぎの部分が厚く、少しカレーパンの皮のようなイメージでした。割りと衣が剥がれやすいのが気になりました。

全体的に非常に大衆的なトンカツのイメージで、際立った特別感は感じません。
間違いなく美味しいトンカツでご飯が進みましたが、あくまで町の食堂のトンカツというイメージです。ボリュームも相まって1900円は少し高いかなというイメージです。
ソースが似合うトンカツでご飯でワシワシ喰らえば最高に美味いんですけどね。と言うかなんかご飯がかなり美味しかった気がしました。トンカツよりもご飯の美味さが印象に残りました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す