めだかタンタン@昭島市 東中神で「汁なしタンタン麺」

2017年12月夜、東京都昭島市は東中神のラーメン屋「めだかタンタン」に行ってきました。

お店は、東中神駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、くじらロード駐車場というところが使えるらしいですが見当たらなかったので適当にコインパーキングに止めました。

汁なしタンタン麺 700円 3.6

めだかタンタンというだけあってタンタン麺が売りのようですが、普通の中華そばもあります。
四川料理らしい麻婆豆腐があったり、中華料理屋のカレーを謳うカレーがあったりと結構色々ですね。そんな中、選んだのは一番人気らしい汁なし担々麺です。

出てきて驚くのは麺が今時の洗練されたラーメン屋のような麺で中華料理っぽくない点です。
細い低加水パツパツ麺に、海老塩ダレが薄く張られて、まぜそば?和えだま?風になっている上に、辛肉味噌の玉が乗っているという構成です。

せっかくなので辛肉味噌玉を混ぜないで、まずは海老塩スープのみで麺を食べてみましたが、しっかり海老出汁が出ている優しい塩ダレで、パツパツの細麺によく合っていてこれだけでも美味いです。というか、ただの海老塩ダレではなく花椒がガツッと効いていて四川風です。

そのまま塩ダレで食べても美味いいですが、辛肉味噌と具のネギとチンゲン菜を混ぜて食べるのが本来の汁なし担々麺のスタイルです。
混ぜても肉味噌感が濃すぎる感じにはならず、サッパリと上品な感じの味わいでした。
味は一気に四川風になりますが、変に味噌味噌な濃厚な感じにならずに、海老塩のベースが仄かに顔を出す感じになっています。四川料理は大味でガッツリしたイメージですが、この汁なし坦々麺は上品で繊細な味なんですね。もちろんガッツリしたパンチも併せ持っていますが。

単純な四川料理という感じではなく、和のテイストを加えた創作系四川料理という感じの味わいで、大変素晴らしかったです。

辣味も麻味も控えめで、クドさもなく美味かったのであっという間に食べてしまった。
麺が普通盛りだと少し軽かったので、中盛や大盛のが良かったかも。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す