手打そば 車家@京王堀之内で蕎麦「おせいろ」

2018年3月午後、東京都八王子市は京王堀之内の蕎麦屋「手打そば 車家」に行ってきました。

お店は、京王堀之内駅から徒歩20分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

おせいろ 1080円 3.5

盛り蕎麦には、おせいろ、二八そばの2種類があり、値段もそれほど違いません。
おせいろは十割なのかな?よく分かりませんがメニューの一番上のおせいろを注文しました。

出てきた蕎麦は、一般的な盛り蕎麦で、辛汁と薬味の付いた一連のセットですが、蕎麦の量がなかなかの盛りじゃないですか。有名店だとびっくりするくらい少ない店もありますが、車家のは明らかにボリューミーな盛りです。一般的な店だったら確実に大盛りと呼ばれる量です。こりゃ嬉しいね!

辛汁は鰹がしっかり香り、醤油感もしっかりした、濃いめのしっかり味がするタイプです。
あんまりつけると蕎麦の香りが飛んでしまうので、下の方にちょろっと付けて食べました。

薬味は、ワサビ、おろし、ネギと十分な構成です。

結局おせいろが十割なのか外一くらいなのか謎ですが、割りと二八っぽい風貌のなめらかな蕎麦ですね。比較的細かく挽かれている感じで、滑らかな舌触りの細打ち蕎麦です。
星なども見えずに結構上品な見た目と口当たりですね。

コシは固すぎず柔らかすぎずで、少し固めなモッチリ系の噛みごたえといった感じです。なんかこのあたりも二八チックです。
割りと瑞々しい感じで、コシもしっかりしていて、食感は上品寄りで良い感じです。

ただ、香りに関しては特筆すべきほどのものではないですね。意識しなくても蕎麦の風味を感じることができる程度にはありますが、特に蕎麦の香りが濃いといった印象はありません。
普通にしっかりした蕎麦屋の並のレベルの蕎麦の風味といった感じです。
鼻から息を吐くと、蕎麦の実の風味と言うか、蕎麦の香りというよりは蕎麦殻のような独特な香りを一瞬感じました。

舌触りや噛みごたえなど上品で上質な感じでしたが、個人的な趣味としては香りが強くないと特別感までは感じられません。

おかわりそば(二八そば) 594円 3.5

おかわりそばもあるということで、二八を頼んでみました。
見た感じはあまり差を感じませんね。滑らかな感じの細打ち蕎麦で、こちらも盛りが良いじゃないですか。おかわりそばと言っても、しっかり普通の盛り蕎麦以上の量があります。

食べてみると、細かく挽かれたなめらかな舌触りといい、少し硬めのモッチリ系のコシといい、瑞々しさといい、おせいろと似た系統の蕎麦ですね。
ただ、こちらのほうがより二八感が強まったような印象です。コシも舌触りもより小麦寄りに滑らかになったような印象。気のせいか?

なぜか二八のこちらのほうが蕎麦の香りをしっかり感じられたような気がしました。
それでも特別蕎麦の風味が濃いというわけではないのですが、おせいろよりは蕎麦の香りがしっかりしている気がする。

あと甘味もこちらのほうが感じられた気がしました。
ん?ということは蕎麦の甘みではなく小麦の甘みなのか?

こちらは二八そばとしては上品な仕上がりでかなり良い感じでしたね。
これプラスおせいろの方がもっと濃い風味がガツッと来れば言うことなしでした。

最後に蕎麦湯が出てきます。一瞬長く使った茹で汁みたいな風味を感じましたが、二口目からはそんなこと無く蕎麦の粒子が無数に浮遊した白濁したものだったので、そば粉を溶かしたタイプかと思いましたが、よく見ると蕎麦の切れ端などが多数浮遊しているので本当の茹で汁か?
なかなか飲み応えありました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都八王子市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す