西八王子の蕎麦屋「蕎麦 坐忘」で「昼の天もり」

2018年3月昼、西八王子の蕎麦屋「蕎麦 坐忘」に行ってきました。

お店は、西八王子駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店とは道路を挟んだ向かい側に3台分ありました。お店の裏にもあるらしいです。

昼の天もり 1566円 3.7

平日のランチのみのメニューである軽めの天盛り蕎麦を注文しました。
1人前の盛り蕎麦に、軽めの天麩羅が付きます。
蕎麦は190円プラスで粗挽きにできるようですが、ひとまずノーマルで。

まずは、天麩羅と天つゆ、塩が出てきました。塩と天つゆで好きにいただけるのが良いです。
小エビ3尾、しいたけ、ふきのとう、サツマイモ、山芋、れんこん、カボチャという構成です。

安いランチの天ぷら蕎麦なので、海老が流石に小ぶりですね。かき揚げなんかに使われるような海老よりはさすがにデカイですが、海老天としてはかなり小ぶりのものです。
ただ衣も厚すぎずシャクっと揚がっていて美味いですよ。

ふきのとうは苦味なく香りよく、レンコンや山芋もサクッと良い食感を残して薄い衣で揚がっていて美味いですね。カボチャやサツマイモあたりもパサパサせずに良い感じです。
全体的に薄い衣で上品に揚がっていて良い天麩羅ですが、ネタに特別感まではないかな。

メインの蕎麦ですが盛り蕎麦としては標準的かやや盛りが良いくらいのボリュームです。

中細くらいの太さで、コシも固すぎず軟すぎずで良い感じです。やや細かめに挽かれている感じではありますが、しっかりザラッとした舌触りがあり蕎麦らしい感じで良いですね。

特に水分含有量がしっかりしている感じで瑞々しい感じなのが良かったです。
瑞々しい舌触りの蕎麦って好きです。乾きにくくて劣化も遅いし良い感じ!

そして何より一番嬉しいのがしっかり濃い蕎麦の風味があることです。意識して鼻から息を吐いたりしなくても、啜るだけで蕎麦の香りをしっかり感じることができるくらいにしっかり濃いのです。
やはり蕎麦はいくら良いものでも香りがしっかりしていないと良いなあと感じることは出来ません。その点、坐忘の蕎麦は香りがしっかりしているので、もうその時点で大満足なのです。

辛汁は、甘味の控えめな醤油感がキリッと引き立つもので、鰹もしっかり香ります。
薬味は、山葵、おろし、ネギと必要十分な構成ですね。

その後、蕎麦湯が出てきました。そば粉を溶いたようなトロッと白濁したタイプで、非常に濃厚で大変飲みごたえがあります。

最後に簡単なデザートが出てきました。そば茶のゼリーだそうです。
ほんのりそば茶の風味がする比較的弾力のあるゼリーに黒蜜がかかっていて美味いです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都八王子市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す