きょうや@国立市 谷保で蕎麦「活〆穴子の天せいろ」

2018年3月夜、東京都国立市は谷保の蕎麦屋「きょうや」に行ってきました。

お店は、谷保駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

活〆穴子の天せいろ(野菜付き) 1780円 3.9

海老の天せいろ1620円も有りましたが、活〆穴子の文字が見えたらこちらにするしかないでしょう。個人的に海老天よりも断然穴子天派です。

程なくして運ばれてきたのは、標準的かやや軽めくらいの盛り蕎麦に、辛汁と薬味、天麩羅と天つゆという構成のお膳です。
いつもの通り、時間経過と共に劣化が激しい蕎麦と天麩羅が一気に来て困るところですが、何はともあれ蕎麦からでしょう。

見た感じは標準的な細打ちの蕎麦で、あまり派手に星も見えない標準的な灰色をした蕎麦です。
ところが食べてビックリ!凄い美味い蕎麦じゃないですか。

まず驚かされるのがその蕎麦の風味の濃さで、一口啜っただけでもう濃い蕎麦の香りを存分に味わえます。もう香りが濃いだけで素晴らしいとしか言いようがありません。
そして、やや粗めに挽かれて蕎麦らしい舌触り喉越しを感じる蕎麦は、瑞々しく固すぎないソフトなコシがあり、何というか小麦のような弾力がないソフトな歯ざわりなのにしっかりコシがある感じで、素晴らしい食感です。
噛みごたえや舌触りなど食感が素晴らしく、瑞々しく風味も素晴らしく濃く、素晴らしい蕎麦でした。

辛汁は、醤油感も甘味もしっかりしたもので、カエシの方が強いものの出汁感もしっかりです。
薬味は、ネギ、おろし、山葵と十分な構成です。

天麩羅は、デカめのあなご1/2尾くらいに、シシトウ、パプリカ、カボチャ、舞茸かな。
特別衣が薄いとかではないですが、上品にサクッと揚がっていて美味いです。

野菜類も良い塩梅で仕上がっていて非常に美味かったですが、やはり主役は穴子です。
活け締めといっても注文があってから締めているわけではないでしょうけど、身がふわっと仕上がっていて非常に良い感じでした。

天麩羅も非常に美味かったですが、蕎麦が美味すぎてやや霞んでしまいましたね。

最後に蕎麦湯が出てきます。白濁しているものの比較的サラッとしたタイプですね。
そこそこ蕎麦の風味も有りなかなか飲み応えありでした。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都国立市の人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す