立川マシマシ@立川らーめんたま館で「中ラーメン野菜増し」

2018年4月夜、東京都立川市のラーメン屋「立川マシマシ」に行ってきました。

お店は、立川駅から徒歩3分ほどの立川アーバンホテル1F 立川らーめんたま館の中です。
駐車場は、無さそうです。

お店は、らーめんたま館の4店舗の中で左奥にあります。
お店の前の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

中ラーメン 750円 3.5

大ラーメン450gは100円高いものの、中ラーメン300g、小ラーメン200g、ミニラーメン150gはお値段変わらずです。それならばと300グラムの中ラーメンにしました。
つけ麺ならペロリの麺量ですが、ラーメンで300グラムというのは個人的に多すぎる量。

しかもトッピングを野菜マシにしてしまったので、出てきた瞬間これは終わったわと絶望しました。二郎インスパイアのお店だと野菜増しの基準が店によって異なるので困るわ。
立川マシマシの場合は、普通でも店によっては増しと呼ばれる量なのでしょう。周りの人は皆が野菜少なめでとコールしていました。

で、出てきたラーメンがこれですよ。私の二郎インスパイア史上過去最高の盛りで、出てきた瞬間の絶望感がやばかった。野菜増しにしたことも、麺300グラムにしたことも激しく後悔。
野菜の山の標高が明らかにやばかった。体積でいえば大きめなラーメンどんぶりの体積を完全に上回っていましたからね。

もう正直絶望感で必死に食べ進めていたので、スープの味とか気にしている余裕がなかった。
後半ずいぶん減ってきてからスープを飲んだけど、非常にシャバシャバの豚出汁醤油ダレスープという感じでした。この時の状態だと二郎インスパイア史上最高にシャバ系だったけど、まあ明らかに野菜から水分が出て薄まっているだろうからなあ。たぶん最初の状態だと、二郎本家に忠実な、ほとんど乳化していないじっくり豚を煮出したようなシャバッとしたスープなんだろうなという印象でした。コッテリし過ぎない割と本家の二郎寄りのスープなんだろうな多分。

麺も、三田本店を除く本家の二郎各店でよくあるような、やや平らな太麺で忠実な仕様です。
王道の二郎インスパイアという麺とスープで美味いですが、麺が多すぎたなあ。いや麺だけなら問題ないのだけれども、野菜増しにしたのはアカンかった。完食できたのが奇跡や。
大食いの人からしたら子供だましだろうけど、一般ピーポーには危険な量やった。

また豚も豪華で、非常に分厚いバラ巻きチャーシューです。これがまたホロホロに柔らかで美味いんだ。

全てが良く出来た二郎インスパイアという感じで、完成度高いラーメンでしたが、如何せん自分の胃袋のキャパシティと頼んだものが合っていなかった。
立川マシマシを見くびっていました。野菜増さなければもう少しじっくり味わえたのに。
いずれにしろ、この量の食物を750円で摂取できるというのは、やはり凄いとしか言いようがない。

あ、ちなみに、ラーメンも問題なく美味しかったですが、やはり個人的には立川マシマシといえばマシライスのほうが圧倒的に好きです。ラーメンは似たようなのを他の二郎インスパイア店でも食べられますが、マシライスは立川マシマシならではの美味しさですから。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都立川市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す