中華そば ふくみみ@府中市でラーメン

2018年4月昼、東京都府中市は分倍河原のラーメン屋「中華そば ふくみみ」に行ってきました。

お店は、分倍河原駅から徒歩12分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

平日の昼時を過ぎていましたが、外にまで少し行列ができていました。店内の座りの列の椅子が空いたら入店して、券売機で食券を購入して座りの列に着く感じみたいです。

中華そば 650円 3.5

一番基本の中華そばにしました。澄んだ清湯の醤油スープという感じで、まさに昔ながらの中華そばといった風貌です。上に刻みネギが浮いているけど、八王子ラーメンというわけではないのかな。

スープを飲んでみると非常に繊細で優しい味をしています。多分昔ながらの中華そばのように鶏清湯だと思うのですが、鶏出汁がガツッと来る感じではなくほのかな感じで優しい味わい。

個人的には、アッサリ系にしても優しすぎるというかパンチに欠ける印象でした。
確かに美味いですし、こういう優しい感じが人気があるのはよく分かるんだけど、ものすごい特別感を感じるには至らずでした。

麺が少し特徴的で、ストレートの細麺で、加水率高めな感じのツルっとした食感の麺を、やや固めというか弾力をもたせて仕上げてある感じで、食感が好きです。
細い弾力のある麺も、昔ながらの中華そば風のあっさりスープに合うなあと感じました。

うーん、この細麺とあっさりでシャバシャバスープの組み合わせで破綻していないのだから、やっぱり完成度の高いラーメンなのかなあ。

具は、チャーシュー、メンマ、岩のり、ネギです。
チャーシューが厚みがあって、赤身部分が多いのに蕩けるように柔らかで、秀逸の出来でした。
ラーメンそのものよりも何よりも、このチャーシューが美味かった印象しかない。
チャーシューが増える特製中華そばにしておけばよかったなあ。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す