自家製麺つけ麺 紅葉@国分寺市で「すだちつけ麺」

2018年4月夜、東京都国分寺市のラーメン屋「自家製麺つけ麺 紅葉」に行ってきました。

お店は、国分寺駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って右手の券売機で食券を購入してから、店内の座りの列に着きました。
閉店近くなのに満席で人気のほどが伺えます。

すだちつけ麺(並) 880円 3.5

普通のつけ麺でも良かったのですが、100円プラスで酢橘を付けました。
麺量は並が260g、中が390g、大が520g、特が650gとなっていました。つけ麺で260gですとやや物足りない気もしますが、夜遅く390gも食べる気にもならず、結局並にしました。

出てきて260グラムで十分だなと感じましたが、かなり美味かったのでもっと食べたいと思ったのも事実。つけ汁も割とたっぷりした量で良かったですね。

さて肝心のつけ汁ですが、動物+魚介のダブルスープなのですが、ただのダブルスープではありません。野菜と果実ジュースを加えてあるのです。
単にスープを炊く時に野菜類を加えたというレベルではなく、つけ汁の味そのものに野菜の甘味酸味がしっかり加わっているレベルです。
これはある意味ベジポタ系のつけ麺と言ってもいいような味わいですね。シャバシャバですが。

鶏ガラ豚ガラに鰹鯖というオーソドックスで力のあるダブルスープの旨味がメインなのですが、決して濃厚にどろどろした感じはなく野菜と果実の甘味と酸味でサッパリとした味わいに仕上がっています。

すでにノーマルの状態で爽やかなのですが、ここにスダチを絞るとさらに酸味が加わって、爽やかでフレッシュな感じに引き締まります。本当に爽やかなつけ麺です。
でも、もともと爽やかなので、スダチをあえてプラスしなくてもいいような気もしました。

麺ですが、つけ麺らしい太麺をチョイスしました。冷水でしっかり締められてコシがある良い塩梅の麺になっています。つけ麺の麺として申し分なしです。

今回チョイスのオーソドックスな太麺の他にも、細麺、縮れ麺、変り麺、和え麺から選べます。
変り麺が、赤米粉平打ち麺など非常に珍しいものが定期的に変わるらしく魅力的ですが、この日は売り切れでした。麺だけで何種類もあるので何度通っても楽しめそうですね。

ちなみに具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトなどがつけ汁に入っています。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都国分寺市の人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す