「焼肉ジャンボ 本郷店」で焼肉三昧

2015年1月夜、焼肉ジャンボ本郷店に行ってきました。

お店は本郷三丁目駅から徒歩4,5分ほどの立地です。
駐車場は無いようですので、近くのコインパーキングに停めました。

店内は、席ごとの仕切りのない開放的な、掘りごたつ式のテーブル席でした。

お肉を焼くのはガスコンロで、写真の通り網状の鉄板でした。
ただ、鉄板にテフロンなどの加工がしてあるのか、肉が良いのか、あまり焦げ付きませんでした。
写真は食べた後なので汚れていますが。

まずは、サービスで、角煮のようなものが出てきました。
柔らかく美味しいですね。

私は焼肉を食べるときには必ず白飯が必要なので、ライス330円を注文しました。
結構大きめのお茶碗に1杯分くらいでした。

岩中豚のカルビ 720円 3.2

名前が気になったので、豚肉から注文しました。
タレ、塩、甘辛から選択できたので、塩で注文しました。

厚切りのバラ肉が並んでいて、まるで厚切りベーコンのようです。
なんか食感もこころなしかベーコンっぽい気がしてきました。
普通に美味しい厚切りの豚バラでしたが、特別なものはなにもないといった感じです。

カルビ1080円+ハラミ1650円+ロース1080円

さて、いよいよ牛肉にいきますが、手はじめに一番安いお肉を注文してみました。
3種類頼みましたが、1枚のお皿にのって来ました。
うーん、この盛りだと美味しそうに見えないなあ。

カルビ 1080円 3.5
焼き肉といえば何といってもカルビ。まずは写真一番左のカルビからです。
見た目は色もよく実に美味しそうです。量も値段から考えればそこそこですね。
焼いて食べてみましたが、なかなか美味しいカルビです。
ただ、都内にはこのレベルのカルビが同じくらいの値段で食べられるお店が
いくらでもあるので、特別感はないかな。

ハラミ 1650円 2.0
写真の真ん中のちょろっとしか無いのがハラミです。値段に対して少なすぎですがな。
味が良いのかなと思いましたが、至って普通のレベルでした。
これよりもはるかに美味しいハラミが、もっと多く、もっと安く食べられるお店は、
都内にいくらでもあります。これはちょっとレベルが低いです。

ロース 1080円 3.4
写真右の薄めのお肉がロースです。これも普通に美味しいですね。
ロースは赤身肉なので固めで肉々しく、焼肉ではあまり美味しくないお店が多いですが、
こちらは赤身肉ながら柔らかくとても美味しいです。
一番安いロースでこのレベルなら満足です。
ただまあ、このレベルのロースを同じ値段で食べられる店は、都内なら珍しくないです。

以上、一番安価な価格帯のお肉を食べて、
このお店はすごいなあという点は何もありませんでした。
星を見ていただければわかると思いますが、決して良くないわけではありません。
ただ、このレベルのお肉を食べれるお店は都内にはいくらでもあります。
せっかく人気店に来たのだから、もっと高いお肉を頼まねば。

上カルビ 2160円 4.0

次に通常メニューから、カルビの上位版、上カルビを注文しました。
普通のカルビの2倍の値段ですが、量的にも少し多そうなので悪く無いです。
写真の通り結構脂身の比率が多く白っぽいので、タレの色で黄色っぽく見えますね。

厚みもなかなかあり、両面20秒ずつ炙って食べると、とろけるような柔らかさです。
これは素晴らしく美味しいですね。
せっかく人気店に来たからには最低でもこういったお肉を食べなくては。
普通のカルビを頼むくらいならこちらのほうがお勧めです。

上ロース 2160円 4.0

ロースも上位版の上ロースを注文してみました。
ロースは相変わらずの薄切りですが、これがロースかというほど霜降りのお肉です。
本日の上ロースとメニューに書いてあったので、ロース系の希少部位なのかもしれません。

こちらは両面4秒程度炙っていただきます。
これもとろけるように柔らかく素晴らしく美味しかったです。

最近脂ギットリの肉があまり好みではなくなり、上位ロース系の霜降り肉で柔らかいなら、
カルビ系よりもロース系のほうが好みになりました。
私は、王道の美味しさであった上カルビよりも、上ロースのほうが好きかもしれません。

ザブトン 2880円 3.5

いよいよ当日日替わりの希少部位メニューにいきます。
下の写真のメニュー表の一番左列の3つが特上カルビ、真ん中の2つが上ロース、
右の3つが特上ロースだそうです。

良い肉ならカルビよりもロースと思っているので、真ん中か右の5つからセレクトします。
上ロースの「しんしん」は赤身が強いので、良い店でないと固い可能性があります。
となると右の特上ロース系の3つにしようか。

トモ三角やミスジは、霜が入っているけど、割と赤身なイメージです。
ある程度以上のお店なら絶対美味しいはずではあるんですけどね。

ザブトンはロース肉でありながら、特上カルビ並に脂身が強い印象があります。
とりあえずこれなら外れはないでしょうということで、まずザブトンを注文しました。

お値段は2880円と高価ですが、量的には上ロースと同じくらいかな。

出てきた瞬間、こりゃやっちまったかなと思いました。やはり脂身が強い部位ですね。
いや、写真の通り本当にきれいなお肉ですよ。美味しいのは見ただけで分かります。
ただ、個人的に脂ギトギトより、脂身少なくても柔らかい上位ロースを望んでいたので、
ちょっと計算違いでしたね。ミスジとかのが良かったかも・・・

とりあえず軽く炙って食べると、まあそれは素晴らしいお肉でしたわよ。
美味しいか美味しくないかでいえば間違えなく美味しいです。
素晴らしく柔らかく、かつ脂にきちんと味がある。
柔らかさは下手をすれば上カルビの方が上ですが、やはり味はこちらのが良い気がします。

ただ、やはり、これはロースではなくカルビですな。脂が強すぎる。
おじさんは、もっと赤身成分が強いのに柔らかい上位ロースが良かったよ。
この質の肉出す店なら、もう少し赤身成分が強い部位でも柔らかかったろうなあ。

違う部位をもう少し頼もうかと思いましたが、ザブトンの脂でやられたので打ち止めにしました。

テグタンクッパ 1140円 3.4

ちと脂にやられてしまったので、しめにピリ辛のクッパを頼みました。
焼肉が美味しいお店でも、クッパやスープなどサイドメニューはイマイチなお店もありますが、
このテグタンクッパは味付けもよく美味しく食べれました。

さて、本日の統括ですが。
まず、このお店は安い肉を食べるお店ではないですね。
普通のカルビ、ロースレベルなら、他にも安く食べれるお店はたくさんあります。

やはり花形は、希少部位なのでしょう。
まあ、このお店の真価を知るには、本来希少部位を食べたほうがいいのでしょうね。
希少部位ばかり食べたら、一人1万円は軽く超えると思いますけど。

私はブルジョワジーではないので、上カルビ、上ロースで十分満足です。
明らかに希少部位よりもコスパが良いですしね。

値段を気にしないお金持ちの方にはかなり良いお店だと思います。
値段に対してこれだけ美味しいということを重視するコスパ重視の私には、
良いお店ではあるが、他にもっと良いお店はあるといった感じですね。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

当日日替わりの希少部位メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す