いわさき@日本橋人形町で美味い魚を堪能

2019年2月夜、日本橋人形町の「いわさき」に行ってきました。

お店は、人形町駅から徒歩3分、水天宮前駅から徒歩3分ほどの立地です。
リガーレ日本橋人形町の1Fですが、ビルの裏通り側なのでやや分かりにくい。
駐車場は、無さそうです。

ジューシーメンチ 390円×2 3.5

切った断面から肉汁がキラキラして見えるだけあって、かぶりついても確かにジューシーなメンチカツです。やや甘みのある柔らかなお肉と玉ねぎで味わいも良し!

衣もしっかりサクッと揚がっていて熱々で美味いです。

モツ煮込み 880円 3.3

もつ煮込みというと小鉢メニューのイメージがありますが、お値段もしっかりしているだけあって結構大きめの皿にたっぷり盛られています。

味的には非常に一般的な味噌仕立てのモツ煮で、ニンジン大根こんにゃくなどおなじみの顔ぶりが煮込まれています。

美味さ的にはまあ普通の居酒屋メニューという感じで特別感はありません。
全体的に魚系のメニューが素晴らしく、一般的な居酒屋メニューは凡庸でした。

白エビ揚げ 680円 3.6

富山あたりではおなじみの小ぶりなエビ1尾1尾を揚げてあるものです。
素揚げもいいですがこちらは少し衣がついた唐揚げという感じですね。

身は柔らかで、殻もイガイガすることなく、サクッと仕上がった衣と振りかけられたシンプルな塩味で、大変美味です。シンプルながら至高の味わい!

メロ 焼き 880円 3.9

焼きと煮がありましたが焼きにしました。多分焼きが正解だけど、これは煮でも絶対うまい!

表面はカリッと香ばしく焼かれているんですが、身自体はトロっと非常に柔らかです。脂身というかゼラチン質というか、プルプルで柔らかな層が身にサシていて、非常に柔らかで蕩けるような白身です。
白身ながら良い意味で魚の風味もあり美味いですね。これはすごい美味いですわ!!

そのまま塩焼きで食べても十分すぎるほど美味そうですが、タレにつけて食べます。
このタレがまた、あまり主張せずにメロの旨味を消さないので良いですね。

刺身盛り合わせ ?円 3.7

刺身類は色々あって、バチマグロ中トロ880円、トロブリ880円、タコぶつ680円位だった気がしますが、これはおまかせで盛り合わせで頼んだのでいくらか謎です。

マグロはバチではありますが、しっかり脂に旨味があって美味いですね。適度に柔らかですが緩かったりすることなく、舌触りもしっかり瑞々しさもあり良い刺身です。
刺身もなかなかレベル高いじゃないですか。

トロブリは脂ののっている部分のブリですね。これまた脂ののりよく味がしっかりしています。ぶりの脂がのっている部分は筋っぽかったりすることもありますが、これはそんなこともなくすごい柔らかです。
すごい美味いですが、個人的には寒ブリはプリンプリンに張りがある普通の身のほうが好きかな。いやこれもすごい美味いんですよ。

タコぶつですが、結構太い立派な足ですよこれは。個人的にはタコの刺身とか寿司系ってあまり好きじゃないんですが、これは美味かった!
なんというか歯ごたえが自分の好みにベストマッチしていました。固すぎず柔らかすぎずコリッとしていて、しかも簡単に噛み切れるという。

全体的に東京の大衆的な居酒屋の刺身としては、かなり上質なもので大満足でした。

アジフライ 380円 3.4

これは思ったよりも小ぶりなアジですね。
身は非常に柔らかなフワッと口溶け系で繊細ですが、衣が割としかりしているので衣にやや負けているかな。

なんというか全体的に迫力に欠けるというか、あまり特別なものは感じませんでした。

さば味噌煮 880円 3.9

中型のサバの半身を鯖の味噌煮にしたものです。
流石に魚系は美味いなあという感じで、普通のさば味噌っていえばさば味噌なんですが、身が蕩けるように柔らかで脂ののりが凄い!
超ふわとろの鯖で素晴らしく美味かった!

お茶漬け たらこ 520円 3.7

贅沢に輪切りにされたたらこが水面付近に浮いていますが、かかった出汁でおぼろに霞んで見た目にも美しいです。

生のたらこがかかった出汁の熱で表面だけ軽く熱変性して味と食感も良し。そのままかぶりついても、崩して出汁に溶かしても良い感じです。

たかがお茶漬けなんですが、非常に完成度が高く、素晴らしく美味かった!

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都中央区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す