南京亭 東大和店でナスと肉の生姜炒め

2020年6月朝、東京都東大和市の中華料理屋「南京亭 東大和店」に行ってきました。

お店は、桜街道駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

埼玉県南西部から東京都下や相模原周辺に、姉妹店の東京亭も含め、11店舗展開している中華料理のローカルチェーンです。

ここや日高のお店の前を通るたび気になってはいたのですが、今回朝からやっているお店もなかなか無いので初めて入ってみました。

ナスと肉の生姜炒め 750円 + ライス&スープ 210円 3.4

中華料理店として標準的な、麺類から、炒め物とライスなど色々と揃っています。
迷いましたが、ナスと肉の生姜炒めに、ライス・スープ・漬物のセットを付けました。

出てきて一見軽めの内容に見えましたが、食べてみると十分なボリュームで満足感がありましたね。

割としっかりした盛りのご飯に、割としっかりした街中華でよくある鶏豚清湯みたいな醤油スープ、漬物、冷奴が付くセットです。

中華料理のナスの炒めものなんてハズレ無しの王道中の王道でしょう。
ナスの味噌炒めもありましたが、私は醤油味の炒めのほうが好きなのでこちらにしました。

食べやすいサイズにカットされたナス、ピーマン、豚肉、筍が良い塩梅で炒められています。
肉もなかなか柔らかで、量もしっかり入っていて良い感じです。

野菜類は揚げてから炒めてある感じかな。
ナスが良い塩梅に火が通っていますが、全体的にやや油っぽい感じです。
中華料理の炒めものなんだから、そんなの全く気にする必要はありませんがね。

お味は生姜焼きの味で、醤油ダレにしっかり生姜が効いていて、大変美味です。
豚肉はもちろんのこと、ナスにもベストマッチな味付けでご飯が進みました。

南京亭 東大和店 店舗情報

食べログ → 南京亭 東大和店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す