富士朝霧高原 富士ミルクランド@東名高速 足柄SA下りでジェラート

2020年7月午前中、静岡県の東名高速 足柄SA下りの「富士朝霧高原 富士ミルクランド」に行ってきました。

高速のパーキングエリアで、本格的な牧場系のジェラートやソフトクリームが食べられます。

ジェラート ダブル 500円 3.4

シングルで400円ダブルで500円なので、当然ダブル選択必須でしょう。

ミルクとカマンベールチーズの2味をチョイスしました。
他に果物系もありましたが、牧場系の店なので基本のミルクは外せないですし、自社工場で作るというカマンベールも気になるでしょう。

カップの中にカマンベールが入っていて、その上に乗っている三角部分が全部ミルクです。
ジェラートでダブルだと、左右で盛られることが多いような気がするので、珍しいですね。

まず初めに食べたミルクですが、なんか思っていた系統とずいぶん違う味わいで、意外な驚きがありましたね。一瞬こちがカマンベールかと思ったほどです。

なんか結構クセがある感じなのです。クセといっても嫌な感じではなく、どちらかというと独特な味わいという感じです。いわゆるミルキーな甘く濃厚な味わいではなく、割とさっぱりめな味わい。

さっぱりめなのは牧場系ソフトクリームなんかでもよくあるので違和感はないのですが、風味というか舌触りも独特で、やや舌に当たる生クリームのような風味なのです。場合によってはクリームチーズみたいな印象かもしれません。うまく言い表すのが難しい独特な味わいでした。

そして、さらに驚くのはカマンベールのこれまた独特な味わいで、もはやこちらは完全にクセが強い味わいです。

凄く独特な風味で、ミルク味にカマンベールのチーズ臭さをプラスしたような感じです。
カマンベール臭さは悪い意味ではなく、チーズの風味が濃厚ということですが、ベースとなるミルクのジェラートがすでに独特であるため、そこにカマンベールが加わるとかなり尖った味わいになるのです。

また、甘さは相当控えめで、むしろ塩気がかなり効いているので、ジェラートというよりも冷たいクセの強いクリームチーズを食べているようでした。

全体的に相当個性の強いジェラートですよ。ここまでクセのある牧場系のアイスは初めてかもしれません。
好き嫌い分かれるかもしれませんが、私は面白いなと思いました。変わったものが好き!

富士朝霧高原 富士ミルクランド 店舗情報

食べログ → 富士朝霧高原 富士ミルクランド

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ静岡県の人気記事

コメントを残す