東京カオマンガイ 木場店でランチ

2020年9月昼、東京都江東区木場のタイ料理屋「東京カオマンガイ 木場店」に行ってきました。

お店は、木場駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

カオマンガイ 825円 3.7

ガパオやカレーもありましたが、店名についているわけですからカオマンガイ以外の選択はないでしょう。

カレーなどとあいがけにしたり、トッピングを増したりと色々できますが、シンプルにノーマルでいきました。
タレは、辛味噌系の赤と、シンプルな醤油系の黒がありますが、黒ダレにしました。

鶏出汁で炊いた米にバンバンジーみたいな茹で鶏が乗って、タレかけて食べるだけのシンプルな料理なのに、何でこんなに美味いのだろうか。

鳥もいい具合の柔らかさに仕上がっていて、米の炊き具合がまた素晴らしい。
鳥の出汁と脂で炊いてあるからか、艶やかに仕上がってますな。

油入れて炊くと艶々しますからね。ただし、やや違和感のあるご飯になってしまいがち。
しかし、カオマンガイに関しては、そういう料理なので全く問題ない。むしろ素晴らしい。

そのままでは味がありませんので、タレをかけていただきます。

このタレは甘味と酸味が入った醤油ベースのタレで、甘さと酸味がドギツくなく実に自然に醤油ダレに調和しています。生姜や香草も入り、エスニックで刺激的で複雑な味わいに仕上がっています。

いや、味の絶妙なこと!

タレだけで食べなかったのでわかりませんが、もしかしたらタレの方にも鳥の旨味が入っていたかもね。
割と簡単な味の組み合わせなようで、何とも絶妙なバランスで仕上がっているのです。

本当に高次元の味わいです。いや、シンプルに見える料理故に、こんなにハイレベルで仕上げるのは凄いことだと思いました。

東京カオマンガイ 木場 店舗情報

食べログ → 東京カオマンガイ 木場

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都江東区の人気記事

コメントを残す