ひやま@宇都宮市で極上レアトンカツ「特大ロースかつセット」

2015年2月夜、宇都宮市のトンカツ屋「ひやま」に行ってきました。

お店は雀宮駅から徒歩20分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前9台分と、道路を挟んだ向かい側に3台分あります。

店内は厨房を囲むようにL字カウンターが配置され、座敷席もあります。

特大ロースかつセット 2484円 3.9

まずは、比較的すぐ前菜が出てきました。
トンカツで前菜が付くのも珍しいですね。盛りも小洒落ていて、味も悪くないです。

待つこと注文から40分で、特大ロースカツが出てきました。
200グラム強といったところでしょうか。
衣が薄いこともあり、見た目のインパクトとしては特大というほどには大きく感じません。

ご飯、味噌汁、漬物、そして粗塩が付きます。

断面はこんなかんじで見事なレアな仕上がり!
今まで食べてきた中でも、かなりレアな仕上がりですね。
個人的には、もう少し火が通りきるか切らないかくらいの絶妙なラインが好きですが、
これはこれで実にジューシーで旨い。

衣が、カツレツか!というほど薄く、パン粉も細かいので、ほぼポークソテーのようです。
衣が邪魔せず、最小限の香ばしさを与えてくれるので、豚肉の旨味をダイレクトに味わえます。
ふわっと厚くてサクサクした衣もいいですが、こんな薄い上品な衣もいいですねえ。

ただ、結構レアな仕上がりだからなのか、元々の肉質なのかは分かりませんが、
それほどとろけるようなやわらかさはありません。

レア仕上げならではのパサつきとは無縁のジューシーなお肉ではありますが、
噛んだ時に驚くような柔らかさはありませんでした。
もちろん固いわけではなく簡単に噛み切れるレベルではありますが、
成蔵丸山吉平で食べた最上級のロースのような圧倒的な柔らかさはありません。

しかし、地方都市でこのレベルのトンカツがいただけるのは素晴らしいです。
間違いなく地域一番店でしょうね。

ちなみに、当然ソースではなく塩で頂きましたが、塩が粗塩なのでカツに付きにくいですね。
店主と常連さんとの話でかなり良い塩であることは分かりましたが、カツに合うかは謎です。

デザートは山葡萄のシャーベットのようなものでした。
シャーベットというよりは、山ぶどう果汁を凍らせてかき氷にした感じです。
程よい酸味と甘みでかなり美味しかったです。

さらにコーヒーまで付きます。
トンカツにしては高額ではありますが、前菜からデザートにコーヒーまで付くのは嬉しいですね。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県宇都宮市の人気記事

コメントを残す