鯉と うなぎの まるます家@赤羽で「うな丼」

2015年3月朝、赤羽にある「鯉と うなぎの まるます家」に行ってきました。

お店は、赤羽駅から徒歩3,4分ほどの立地です。
駐車場は無いようです。

1階は全てカウンター席になっていて、すごい活気です。
2階は、座敷席になっているみたいですね。

日曜日の9時半ごろ伺いましたが、既に満席近かったです。
皆さん色々なおつまみを注文して、朝からお酒をやっています。
うな重、うな丼を食べているの私くらいでした。

うな丼 1500円 3.4

私はうなぎを食べにきたので、いろいろ美味しそうな小料理類には目もくれず、うな丼を注文!
その他にも、うな重2000円、特上うな重2500円がありました。
すっかり鰻が値上がりした昨今、驚異的な安さです。国産じゃないのかな??

注文から5分と経たずにやってきたドンブリは、結構なサイズです。
おまけに、漬物と肝吸いまでついていますよ。

オープン!! おお、結構な大きさだ!
1500円のうな丼なら、半身が常識の昨今ですが、なんと1尾分の鰻がのっています。
値段的に中国産かしら??まるで5年くらい前のうなぎ高騰前の値段です。
気持ち小さめの鰻ですが、特筆するほど小さくもないです。いや?普通のサイズですよこれ!

1500円でこの量は驚きです。御飯の量も、一般的なうな重よりも多いです。
これで国産だったら驚きです。

ただ、味の方はそれほどでもありませんでしたね。
注文から5分と経たずに出てきたことから、あらかじめ焼いてあったようです。
ものすごい収容人数のお店で、次々に入ってくる注文をガンガンさばいているので、
注文があってから焼くことは不可能でしょう。テイクアウトの客も来ます。

ということで焼きたてでもなければ、蒸したてでもない平凡な鰻の味です。
と言うか、蒸してすらいないかもしれません。蒸さずに焼いたような身の感じです。
その割に表面をパリッと焼いているわけでもなく、
中は関西風、外は関東風という、東西の悪いところを合わせたような仕上がりです。

また、タレが非常に薄いです。
水飴が全く入っていないようなビショっとしたタレを付けて焼いたかのような薄味。
上質な鰻でしたらこういったタレも合うかもしれませんが、少し薄すぎです。
うな重を食べるより、蒲焼きでお酒を飲む人が多いので、こういった味付けなんでしょう。
ご飯を食べるには、鰻の味が薄すぎです。

ということで味にうなぎ専門店の味を求めてはいけません。
1500円でこんな豪華なうなぎを食べれることに価値が有るのです。
もちろん、おいし~い鰻を求めていなければ、十分に満足できる美味しさです。

膨大な数のおつまみや小料理があるので、居酒屋として使うのが正解なんでしょうね。
蒲焼きも安いので、気軽に蒲焼きでお酒が楽しめるのがいいのでしょう。
いろいろなおつまみ類も美味しそうでしたよ。

メニューです。クリックで拡大します。
この他にも多数のメニューは店内に貼りだされていましたが、満席で撮影できませんでした。

鯉とうなぎのまるます家 総本店 店舗情報

食べログ → 鯉とうなぎのまるます家 総本店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都北区の人気記事

コメントを残す