新東名下り浜松PAの「元祖浜松ぎょうざ石松」で餃子定食

2012年12月夜、新東名下り浜松PAの「元祖浜松ぎょうざ石松」に行ってきました。

お店は、新東名下り線の浜松PAのフードコート内にあります。

石松餃子というと、浜松餃子の店として有名で、何度かお土産を貰ったことはありましたが、
実店舗で食べるのは初めてです。
高速道路のPA内のお店ですが、本店と同じ内容なのだろうか?

餃子定食 840円 3.4

餃子10個にご飯、味噌汁、漬物がついた餃子定食を注文しました。
我らが埼玉の満州よりもかなり高めですが、PA内なのでこんなものでしょう。

浜松餃子というと円形に餃子が並べられ、真ん中にモヤシが盛られているイメージですが、
こちらの盛り付けは普通でしたね。モヤシは添えられていましたが。

以前に貰ったおみやげの石松餃子は、あっさりしてあまり特徴のない餃子で、
酢醤油に砂糖を加えましたという感じの甘めのタレが、変わっていて美味しく印象的でした。

この餃子も、やはりさっぱりしていて印象は薄く、あまりパンチのない餡ですが、
パリっと焼かれていてきちんと美味しい餃子です。

ただまあ、これが浜松餃子なんだ!!という印象に残る感じの味ではないですね。
浜松餃子の有名店だと過度な期待をしなければ、普通に美味しい餃子です。
宇都宮餃子もそうですが、餃子自体が王将や満州の餃子で十分に美味しいので、
有名店で食べてもあまり感動がないんですよね。

タレはまあ甘みもあり石松のタレだとは思うものの、
以前おみやげで貰ったタレほどは甘みがなく、普通の餃子のタレに近い感じでした。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ静岡県の人気記事

コメントを残す