吉田屋 羊羹本舗@日光で水羊羹を購入しました

2015年12月昼、日光の「吉田屋 羊羹本舗」に行ってきました。

お店は、東武日光駅から徒歩15分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

メニューはこんな感じです。他にもいろいろ菓子類があります。クリックで拡大します。

日光水羊羹(5本入) 670円 3.4

湯葉と並ぶ日光の名物になっているのが羊羹で、周辺に幾つかのお店があります。

以前、三ツ山羊羹本舗補蛇洛本舗 本店で水羊羹を食べたことがあったので、
今回は鬼平の羊羹本舗と、こちらの吉田屋羊羹本舗で購入してみました。

今回購入したのは水羊羹の一番小さな5本入りです。
このような塊で5切れに切れているのはどの羊羹屋も同じですね。
1切れの大きさもどのお店もほぼ同じようです。値段も似ています。

吉田屋の水羊羹は、すごく瑞々しく、小豆よりも寒天を多用して水分含有量高めな感じです。
そのため瑞々しく、口に含むとサラッと溶けていくような感じですね。

小豆のザラザラ感が少ないツルッとした舌触りで、まさに水羊羹という感じです。
ただ、豆のザラッとした舌触りはないものの、小豆の風味自体はかなり濃いです。
色も濃い紺色で、小豆の皮の部分を多用して、色と風味が濃く出ている感じですね。
このあたり、ザラザラ感は強いものの、小豆の風味は控えめな鬼平と対象的な感じです。

甘さは控えめで、水羊羹らしいほんのりした甘味ですが、鬼平よりはずっと甘みがありますね。
今回購入した鬼平と吉田屋は、味がかなり対照的で個性があって面白いと思いました。
日光に来たら、いろいろな羊羹屋を周って色々食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

吉田屋羊羹本舗 店舗情報

食べログ → 吉田屋羊羹本舗

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県日光市の人気記事

コメントを残す