蕎仙@伊東市で蕎麦「生桜えび天ぷら&生しらすの天ぷら せいろ付き」

2016年1月昼、静岡市伊東市の蕎麦屋「蕎仙」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れた立地のため、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の横と裏にあります。

生桜えび天ぷら&生しらすの天ぷら せいろ付き 1600円 3.5

初めての蕎麦屋に来たら、一番基本の盛り蕎麦を注文したいところですが、こちらのお店は生桜海老のかき揚げも有名なようですので、200円お得になるかき揚げと蕎麦のセットにしました。
通常の生桜えびの天ぷらは、桜海老のかき揚げ2つと、かぼちゃ、椎茸、何らかの葉物の天ぷらという構成ですが、かき揚げを桜海老と生シラス1つずつに出来るそうなので、そうしました。

そばが来る前に食べ方という紙を渡され、蕎麦が新しい内にサラッと食べないと味が落ちる旨が書かれていたので、まずは蕎麦から頂きました。

盛りは小盛りくらいで、普通の盛り蕎麦としては少なめの部類ですね。
これだけで昼食を済ますのには少なすぎます。

細切りの十割そばは、蕎麦の香りもよく感じられ、10割だからなのか小麦粉のプリっとした感じとは異なる独特の硬さのコシもありレベルが高いです。それよりも、いかにも蕎麦粉だけで作っという感じのザラッとした表面で、喉ごし最高です。

辛汁は、カツオ出汁が目立ち、カエシの醤油はそれほど主張しない感じの、優しい味です。
余計な味を足して蕎麦の風味を損なうこと無く、かつしっかり味がする蕎麦が活きる辛汁です。
摺りたての生わさびは、辛汁に入れるのではなく蕎麦に乗っけて香りを楽しみます。

どちらかというと生桜海老のかき揚げ目当てで来たところがあるので、蕎麦の美味さに驚きました。蕎麦屋ですから当たり前なんですけどね。

さて、こちらはお待ちかねの、生桜えびの天ぷらと、生しらすの天ぷらです。
生というだけあって干していないので、殻のイガイガした感じがなくふわっとした身です。
軽く塩を振っていただけば、新鮮な生桜海老の風味が確かに感じられます。
生シラスも、刺身でもいただける新鮮なもので作ってあり、ふわっとした身からシラスの風味が感じられます。

しかし、天麩羅というよりもかき揚げですので、衣が少し多すぎですね。
割と上品に揚がった衣ではあるのですが、かき揚げなので衣の体積が多すぎます。
おかげでせっかくの、生桜海老と生しらすのふわっとした身が大量のパリパリの衣に隠れてしまっています。
また、ほのかな桜海老とシラスの風味も、意外とヘビーな油の風味で隠れがちです。
せっかく上質な素材を使っているのだから、もう少し極限まで薄い衣で頂きたかった。

ということで、蕎麦とかき揚げでしたが、かき揚げは期待ほどには至らなかったのですが、蕎麦は期待よりも遥かに美味しく満足でした。蕎麦単体ならもっともっと評価高かったです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

静岡県伊東市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す