割烹たなか@秋葉原でランチの鮪丼

2016年2月昼、秋葉原の「割烹たなか」に行ってきました。

お店は、秋葉原駅の昭和通り口から徒歩1分ほどの立地です。
ビルの1階がお店で、ビル入口から入って一番奥がお店の入口になっています。
駐車場は、無さそうです。

ランチ開始直後の11時35分頃行きましたが、カウンターも座敷も一杯で最後の一席でした。
後客が何人も満席で帰って行きました。
12時前になると1巡目が掃け空き席が出ますが、12時過ぎにまたどっと来ました。

鮪丼 950円 3.6

メニューは、魚がし丼と鮪丼が950円で、その他は刺身定食や焼魚系の定食などがあります。
やはり魚がし丼と鮪丼が人気があるようで、12時ごろには既に売り切れていました。

ボリュームのあるマグロ丼に、高菜、冷奴、マグロの佃煮、味噌汁が付きます。
都心の立地で950円でこの内容なら人気なのも頷けます。

鮪丼はかなりマグロがたっぷりです。ご飯は標準的な丼モノといった感じの量ですが、乗っているマグロは厚めに切ったしっかりしたものが10切れ前後乗っていました。
950円でこれだけマグロが乗っているのはお得感があります。

マグロは漬けになっているので細かい鮮度は分かりません。飛び抜けて良いものというわけではないのでしょうけど、美味しくいただくには十分すぎるクオリティです。
漬けになっているというのもありますが、ツヤっとして瑞々しく乾きなどはありません。

赤身と、赤身と中トロの間位の部位が入っていて、本マグロの様な濃い鮪の旨味はありませんが十分に美味いです。

確かにもっと出せばこれより美味いマグロ丼はいくらでもありますが、この値段でこのボリュームのマグロを気軽に味わえるのは良い!

メニューです。クリックで拡大します。

割烹たなか 店舗情報

食べログ → 割烹たなか

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都千代田区の人気記事

コメントを残す