味吟 押上店で「いなり4ケのり巻4ケ」を買ってみました

2016年3月午後、押上の寿司屋「味吟 押上店」に行ってきました。

お店は、押上駅から徒歩2分ほどの立地です。スカイツリーの目と鼻の先です。
駐車場は、無さそうです。

いなり4ケのり巻4ケ 700円 3.4

お寿司屋さんなのに、いなりと巻物しか無いという面白いお店です。
その巻物もカンピョウやカッパ、お新香など本流から逸れたネタです。

店内で食べることも出来ますが、持ち帰り客も多い様ですね。
今回はいなり4ケかんぴょう巻4ケのセットで700円です。
いなりと干瓢巻きの詰め合わせで、いわゆる助六というやつですね。

折り詰めを開けるとこの様になっています。
いなりの汁が垂れないようにビニールで包まれているのは良いですね。
醤油が付いているが、干瓢巻きに使うのでしょうか?

ビニールを取った図。これは良い助六だ!美味そう!

油揚げは継ぎ足してきた秘伝のタレで煮たもので、しっかり甘くてしっかり塩っぱいのです。
しっかり甘いのが普通の稲荷寿司揚げですが、しっかり甘くしっかり塩っぱいのが凄く良い!
なんというか揚げの味が非常にしっかりしていて美味い。
その辺のスーパーの稲荷と比べると、塩分濃度的な意味ではなく味が濃いのだ。

酢飯には、昆布、人参、レンコンが具として入っていて五目飯の様相です。
レンコンの食感がアクセントになって良いね。
酢飯にほとんど酸味がないので、一般的な甘酸っぱいものではなく甘塩っぱい味のいなりです。

干瓢巻きは割と普通ではあるものの、一般的なものより柔らかく煮られていて良い感じです。
海苔に弱冠塩気があるのか、海苔と接した部分のご飯に本当に微かに味が付いて、少しおにぎりを思い出しました。それがまたいいんだなあ。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都墨田区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す