バンタイ@新宿でタイ料理 パッタイやガパオライスやカレー

2016年3月夜、新宿のタイ料理屋「バンタイ」に行ってきました。

お店は、新宿駅から徒歩3 分ほどのビルの3階です。駐車場は、無さそうです。
知らなければなかなかに入りにくい怪しげなドアが入口です。

日曜日の17時台に伺いましたが、結構な席数の店内がかなり埋まっていました。
18時以降では予約を入れておかないと、かなり待ちそうな感じでしたね。

ガパオムウサッブラーカウ 918円 3.8

いわゆるガパオライスというやつですね。タイ料理と聞いて思いつくのはやっぱりこれ。
粗めの豚挽き肉、玉ねぎ、パプリカをバジル炒めして甘辛く味付けされたものに、目玉焼きが乗ったライスが付きます。
味付けは全くクセが無く、超日本人の口に合う甘辛味です。美味すぎる!

ゲンカリーガイ(L) 1944円 + 日本米(L) 648円 3.8

カレー類が結構良いお値段がするのですが、これライス(L)はライス(S)の3倍で、3人で食べても十分な量ですからね。そしてカレーの量もライスLを食べきれる程度にはあります。

とにかく具沢山で、骨付きの鳥のドラムが6本、ジャガイモがゴロゴロです。
ただ、その分ルーの部分が相対的に少なめかな。

鶏出汁とココナツミルクが効いた濃厚なカレーで、とにかくコクが凄い。
濃厚かつ円やかな甘めの味で、本格的なグリーンカレーのような変なクセがなく食べやすい。
なんか全体的に日本人の舌に合った食べやすい味付けですね。

パッタイ 972円 3.6

バッタイも外せませんね。タイ風の焼きビーフンです。
本場タイではナンプラーとタマリンドで甘酸っぱい味を作るようですが、これはケチャップ的な甘酸っぱさを感じました。気のせいかもしれないし、非常に美味いのでどうでもいいですが。
これまた非常に食べやすいですね。大変おいしゅうございました。

程よく炒められたビーフンのモチっとした食感と、ニラもやしのシャキシャキと、ナッツ類のアクセントが素晴らしい。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

バンタイ 店舗情報

食べログ → バンタイ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す