鰻禅@墨田区 本所吾妻橋で「鰻重 特上」

2016年4月午後、東京都墨田区の鰻屋「鰻禅」に行ってきました。

お店は本所吾妻橋駅から徒歩3分ほどの立地です。浅草駅からも歩けない距離ではありません。東京スカイツリーからも近いですね。
駐車場は、無さそうです。

土曜日14時半頃でしたが、店内はほぼ満席で、出るまでに1時間かかりますということでした。
さすがに人気店のようですね。

鰻重 特上 3500円  3.4

鰻重は、上、特上、二段重とあります。二段はいらないので上か特上ですが500円違いなら上級グレードにしておいたほうが幸せになれるでしょう。

しかし、注文があってから捌いて蒸してなので非常に時間がかかります。
入店が混んでいるタイミングだったため、入店から食べ始めるまでに50分かかりました。

蓋をお開けてまず思ったことは、ちっちゃっ!ということでした。
お重のサイズはごく一般的な鰻屋さんのサイズですが、ご飯がかなり見えてしまっています。
感覚的には普通の鰻屋さんの1尾分乗るグレードの一番下のものというサイズです。
目方的には特上という雰囲気ではないですね。

肝吸いは肝がしっかり入っているもので、漬物の味も悪く無いです。

さて特上と言うには小ぶりな鰻ですが、さすがに出てくるまでに時間がかかるだけあってじっくり蒸されているのか、身のホロホロ具合が半端ではないです。
何というか口の中でフワッっと消えてなくなるというか、蕩けるような身の柔らかさです。
なるほどこのトロッと蒸された身の柔らかさが人気の秘密なんでしょうね。
鰻自体は超上質という印象は受けませんが、蒸し焼きなどの賜物なのでしょう。

ただ、大将1人で捌いてかなりてんてこ舞いの様子だったからか、最近の鰻にしては珍しく骨が結構残っていて、久々に喉に鰻の骨が刺さるという経験をしました。
身が柔らかいので余計に骨が目立ち、なんか大昔に食べた鰻重を思い出しました。

超トロットロの身は特筆に値しますが、目方や骨などどうも超名店という印象も受けなかったのは事実です。まあお値段的にも普段使いの鰻屋という感じですしね。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都墨田区の人気記事

コメントを残す