みやもと 河岸の市店@清水魚市場で本マグロトロ丼

2016年5月昼、静岡市清水区の清水魚市場 河岸の市 いちば館内の「みやもと 河岸の市店」に行ってきました。

お店は清水駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、清水魚市場 河岸の市の駐車場が施設内にあります。

GWに訪れましたが、相当な混雑で待ちの名簿に名前を書いて30分以上待ちました。

本マグロトロ丼 1728円  3.3

清水港は、マグロ水揚げ量が日本一ということで、当然鮪のメニュー一択です。
本マグロ丼と本マグロトロ丼で迷いましたが、お値段それほど違わないのでトロにしました。

マグロに加えてウニやイクラの乗った三色丼や、海鮮丼もありますが、そもそも清水港はツナ缶工場が集積しているので冷凍マグロの水揚げ日本一とういだけで漁港ではありませんので、別に海鮮全般が美味いわけではないでしょう。やっぱりマグロ一択です。

シンプルにマグロがどっさり乗った丼と味噌汁、これで十分なのだ!

さて運ばれてきた本マグロトロ丼がこちら。トロ丼だけあって、赤身がなく全部トロですよ。
並の丼ぶりといった量の酢飯に、鮪のトロが8切れ前後も乗っています。
トロがこの量乗っていてこのお値段はお得感があります。

非常に期待が高まっていたお味なのですが、一口目を口にして違和感が・・・
なんかゴワゴワした舌触りで、冷凍焼けしたような感じです。
まあ、冷凍時は一流の急送冷凍施設で冷凍しているはずですので、
解凍の仕方が悪いか、再冷凍するなどしたかで、細胞膜が壊れてしまった感じです。
なんというか新鮮などとは程遠いクオリティです。瑞々しくなくコワコワした刺身なんだなあ。

ただ、身自体の脂ののりはよく、中トロというよりは大トロ寄りの切り身がタップリです。
味もものすごく濃い本マグロの味という感じではありませんが、
キハダやバチみたいなチープでアッサリな味ではなく、旨味があります。
鮮度の良い感じがしなくても、脂ののりが良いのでそこそこ美味しくいただけてしまいます。
酢飯がしっかり甘くて酸っぱい大味な感じなので、余計にごまかしが効いて、鮮度悪いのに何気に結構美味かった。

これ丁寧に仕事がされていればかなり美味いだろうなあ。
GWで激混みだったからクオリティが低かったのだろうか。

本マグロ丼 1458円  3.0

こちらは同行者が注文した本マグロ丼です。もちろん味噌汁もつきますよ。
丼は小さいけど、御飯の量は同じくらいかな。刺身はトロ丼より少し少ないかな。
乗っている切り身は、赤身が主体で少し中トロという感じですかね。ネギトロも乗っています。

赤身を一切れもらいましたが、こっちもゴワゴワした舌触り。
お世辞にもクオリティが高い刺身とはいえません。
脂ののりがよく誤魔化しが効くトロ丼と違って、赤身は質の悪さがモロに出ている感じで、正直クオリティ低いです。どう考えてもトロ丼のほうが良かったですね。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ静岡県静岡市の人気記事

コメントを残す