清水魚市場 河岸の市 まぐろ館内の「ととすけ」で「まぐろトロ三昧定食」

2016年5月昼、静岡市清水区の清水魚市場 河岸の市の「ととすけ」に行ってきました。

お店は清水駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、清水魚市場 河岸の市の駐車場が施設内にあります。

GWに訪れましたが、相当な混雑で待ちの名簿に名前を書いて1時間以上待ちました。

まぐろトロ三昧定食 1728円  3.3

一番人気だという「まぐろとろ三昧定食」を注文しました。
鮪の刺身5種類と、ととすけ揚げ、ご飯、味噌汁、小鉢が付きます。

マグロ5種盛りは、上から時計回りに、本マグロ中トロ、トロびんちょう、まぐろヅケ炙り、メバチマグロです。真ん中はトロすき身ですね。
それぞれ2切れずつと、値段を考えれば十分な量です。

まずは本マグロをいってみましたが、あまり濃い本マグロの味がしませんでした。
鮮度的には、ものすごく新鮮で瑞々しいということはありませんが、乾きなどはなく十分なレベルです。ただ、歯応えが無さ過ぎて少しゆるい印象を持ちました。

続いてトロびんちょうですが、びんちょう特有の緩い身で、標準的なクオリティ。

ヅケ炙りも必要十分なクオリティですね。特別美味くはないけど悪くなく、必要十分なレベルです。

一番美味しかったのがメバチマグロでした。なぜか旨味が本マグロよりもあった気がする。
モッチリした歯ざわり、ねっとりした舌触りで、味もあり、メバチにしてはかなり美味しかった気がします。

全体的に悪くはないのですが、海辺で食べる感動の刺身というイメージではないですね。
ある程度の水準以上の都会の定食屋や居酒屋でも食べられるような感じですね。
清水港は漁港ではなく、主にツナ缶用の冷凍マグロの水揚げ日本一なので、特別ハイクオリティの鮪の刺身があるというわけではないのかな。

定食内容は刺身だけではありません。店の名物である「ととすけあげ」という、カマを素揚げにして、特製の甘辛ダレで煮たものが出てきます。

表面はハードに、中は身がふっくら仕上がったカマが、かなり甘めの甘辛醤油ダレに絡まって美味い!

メニューです。クリックで拡大します。

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ静岡県静岡市の人気記事

まだデータがありません。

2 Responses to “清水魚市場 河岸の市 まぐろ館内の「ととすけ」で「まぐろトロ三昧定食」”

  1. 東京ジャス より:

    本マグロは「畜養」といって、養魚から飼育するものがあります。
    味はしませんが、脂は乗っています。
    ちなみに、まぐろに関してはスシローのほうがずっと上です。
    河岸の市は地元の人は行きませんよ。隣のどんぶり君に行くのです。

    あと、まぐろの旨い店もありますよ。河岸の市は所詮魚屋のレベルであり、料理というレベルではないですから仕方ないです。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      GWに行ったので激混みで、駐車場に入るのに一時間近く待ちました。異常に混んでいたので普段よりクオリティが下がっていたのかなと思いましたが、普段からそんな感じでしたか。
      入った瞬間、観光客向けな雰囲気はプンプンしていましたが。

      清水は親戚が住んでいたので昔はよく来たのですが、何気に飲食店で食事をしたことがなかったので、よく分からずガイドブックに載っていた河岸の市に入ってしまいました。

コメントを残す