ナングロガル@新大久保でネパール料理のランチ

2016年6月午後、新大久保のネパール料理屋「ナングロガル」に行ってきました。

お店は、新大久保駅から徒歩4分、大久保駅から徒歩2分ほどの立地です。

駐車場は、無さそうです。

ビル正面の階段を上がって、3階がお店です。

3.THAKALI SPECIAL KHANA 1300円 3.5

セットメニューがあり、その中の3.THAKALI SPECIAL KHANAを注文しました。
このセットメニューがランチ限定なのかグランドメニューなのかは謎です。

まずは胡麻ドレッシングの標準的なサラダが出てきて、間を置かずダルバート的なプレートが出てきます。それと同時に脂のようなものが出てきましたが、これはバターみたいです。掛けて食べるのかな?

カレーはラムかチキンから選べるのでラムにしました。

中央には長粒米の混じったライスがこんもり、脇には丸まったパパド、周囲には上から時計回りにラムカレー、ダル、生きゅうりと人参と辛いソース、大根のアチャール、グンドゥルックってやつ?、ゴーヤのアチャール、青菜の炒めもの、ジャガイモとカリフラワーのタルカリです。

胡瓜と人参は薄く斜めに切ったものに隣の赤っぽい辛いソースを付けて食べるのかな。
普通のチリソースという感じで、特に突拍子もない味という感じではないです。

隣の大根のアチャールは、胡麻の風味が効いた酸っぱい漬物で、ネパール料理としてはよくある感じです。

隣のグンドゥルックってのは初めて食べました。葉物野菜を乾燥させたものらしいです。
乾燥したものを水で戻して発酵させた感じで、かすかに酸っぱいですね。
葉物だけでなく黒っぽい豆も入っていますが、これも一度乾燥させたのか固めで食感が良い。

隣はゴーヤのアチャールでしょうか。
こちらは胡麻ではなく辛めのスパイスが効いた漬物になります。
ゴーヤ自体は漬物なのでかすかに酸っぱいです。苦味はなし。

そしてその隣が青菜を炒めてある感じのもので薄塩味です。
これは中華料理なんかにもありそうですね。

そして、次がネパール料理ではお馴染みのタルカリです、ジャガイモとカリフラワーがカレー味で炒められたものです。まあ、これが一番カレーっぽい分かりやすい味ですよね。

こちらは、ラムカレーです。インドのラムカレーと違ってシャバシャバ系のカレーです。
香味野菜が聞いたデミ系の甘めのカレーではなく、動物出汁とスパイス感を重視した味ですね。
どちらかというとチキンカレーを思い浮かべるような味でした。
ルーはチキンカレーと共通なのかな。

ラム肉は骨と脂身が付いたワイルドなものでした。少し食べにくいかな。
クセや臭いもなく柔らかくて美味いですがね。

ダルは、緑色でドロっとしたタイプで、雑穀みたいな形の豆類?が色々入っています。
スパイス感はなく、塩気もかなり控えめです。
スープとして飲むか、色々マゼマゼして食べるの前提の味ですね。

ダルというとダルカレーのようにカレーっぽいスパイスの味になっているお店も多いですが、少し前に行ったソルマリもそうでしたが本場の味はこういうカレー風味のないものなのかな。

優しい味でそのまま飲んでも良いし、ダルバートらしく混ぜて食べるのも良いですね。

全体的に変にローカナナイズされていない感じで、珍しい味が楽しめますね。
ただ、前回行ったネパールの田舎食堂のようなソルマリよりは洗練されている感じがありました。

デザートは小さなヨーグルトが出てきました。
ヨーグルト自体にも砂糖が入って甘くなっているうえに、マンゴーソースがかかって、フルーツが入っているのでかなり甘いです。

セットメニューです。クリックで拡大します。

セットメニューです。クリックで拡大します。
他にアラカルトのグランドメニューも色々ありました。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す