豚大学@新橋で帯広スタイルの豚丼

2016年7月夕方、東京都港区新橋の帯広スタイルの豚丼屋「豚大学」に行ってきました。

お店は、新橋駅前のニュー新橋ビルの1階にあります。
ビルの内側と外側に入り口がありどちらからでも入れます。食券の券売機は内側のドア付近。
駐車場は、無さそうです。

豚丼(中) 650円 3.6

豚丼は、小500円、中650円、大810円、特大1020円の4種類でした。
かなりのボリュームだと聞いていたので、自重して中の食券を購入して席につきました。
他のお客さんにも中が一番人気のように感じました。

5~10分後に出てきた豚丼(中)は結構なサイズ!!
一般的な丼物としては大盛りに相当するくらいのボリューム感です。
写真じゃ分かりにくいですけど、結構なサイズの丼ぶりですよ。高さも結構あります。

牛丼屋でいえば大盛りかそれ以上のご飯の上に、厚めに切られた豚バラ肉が10枚前後乗ります。
上に添えられているのはホウレン草かと思いましたが、どうやら菜の花の塩茹での様です。

甘辛の鰻のタレのようなタレを絡めて焼かれており、まあ典型的な帯広スタイルの豚丼ですね。
もう少し甘くないタイプの豚丼の店もありますが、豚大学はしっかり甘みがあります。
まさに鰻のタレの味そのものです。
炭火で焼いているのか、かなり香ばしく仕上がっており、甘辛のタレと香ばしさが合わさり美味くないはずがありません。

バラ肉で脂身も多いので肉も柔らかく、非常に美味しかったです。
この味このボリュームがこの値段で楽しめるのは素晴らしいですね。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都港区の人気記事

コメントを残す