板前心 菊うら@西新宿で割烹ランチ「夏の板前心御膳」

2016年7月昼、西新宿の割烹「板前心 菊うら」に行ってきました。

お店は、新宿駅西口から徒歩5分程度の立地です。
駐車場は、無さそうです。

夏の板前心御膳 1850円 3.5

1000円少々の今週の丼セットもありますが、せっかくの割烹ランチで海鮮丼と麺類を頂いても仕方ないので、天麩羅、刺身、煮物と味わえる夏の板前心御膳にしました。

メインの天麩羅、刺身、煮物に、おかわりできるご飯、味噌汁、漬物、小鉢が付きます。
小鉢はイカのマリネみたいな感じのものでした。イカを酢やオリーブオイルで和えてあり、刻んだタマネギやピーマンが加えてあって少し洋風な雰囲気です。

メインの中で一番良かったのが刺身でした。中でも手前の生しらすが素晴らしかったです。
臭みなど微塵も無く、プチプチと瑞々しく張りがあります。

隣のハマチもハリがあって瑞々しいです。奥の帆立2個は甘みがありこれまた美味い。
奥中央は鰹ですね。ものすごく鮮度がよくモッチリという感じではありませんが、十分なクオリティです。
右の白いのは鱧の湯引きかな?しっかり骨切りされているようでふわっと柔らかな身でした。
ランチの定食でこれだけのクオリティの刺身が出れば文句無いです。これは良いなあ。

続いて天麩羅です。エビ2本、白身魚、シシトウ、ナス、サツマイモという内容です。
定食の天麩羅としては十分過ぎる内容ですね。
衣は薄くはないのですが、カラッとライトな感じの仕上がりでなかなか良いです。
ネタ的には特別際立ったものではない普通の天麩羅ですが、十分に美味いです。
刺身が良かったので、比べてしまうとこれは比較的普通ではありますがね。

天つゆははじめから大量の大根おろしが投入されたタイプで、少し塩分濃度控えめで上品過ぎる感じです。
塩分濃度控えめでも濃い出汁感があるなら良いのですが、そうでもない。
個人的にはもう少し濃い天つゆのほうが好みです。

煮物は、ナス、さやえんどう、ヤングコーン、里芋、冬瓜?を優しい出汁で炊いたものでした。
どれも柔らかくジューシーに仕上がっていて良いです。

塩分濃度控えめなのは良いですが、出汁の旨さもあまり感じない気がします。
ほんのり甘みのある本当に優しい味付けなのです。
個人的にはもう少しだけ味がある方が好みです。
これだけ薄味だと、素材の良さに圧倒されるくらいでないとなかなか感動できない。
とはいえ、この値段のランチですので、そこまでは期待できないですね。

全体的にどれも満足いく内容ですが、飛び抜けて素晴らしいという感じもでありませんでした。刺身以外はまあ普通に良いくらいの感じです。
法事等で使う地元の和食日本料理屋の御膳のかなりクオリティの高いものというイメージです。
やはりこういった割烹の真打ちはコースでしょう。

メニューです。クリックで拡大します。

板前心 菊うら 店舗情報

食べログ → 板前心 菊うら

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す