菜の花@葛飾区で絶品の煮魚と大粒カキフライ

2013年3月夜、東京都の葛飾区の環七沿いにある魚料理の店「菜の花」にいきました。

小岩駅と新小岩駅の間の環七沿いにお店はあります。
最寄りの小岩駅からは1.2キロ位と少々離れています。
お店の1階が駐車場になっていますので、車でのアクセスが便利です。

レビューサイトなどでもあまりレビューが付いていませんが、
何を食べても美味しくかなりオススメです。

刺身類などは築地の観光客向けの大して美味しくない店よりはるかに美味しいですし、
煮魚なども非常に素晴らしい味付けで好きです。

小さな個人経営の店のようで、生ものも多いのに、かなりメニューの種類があります。
毎回何を頼もうか悩みます。

煮魚定食 972円 4.1

菜の花に来るとよく頼むのが、この煮魚定食です。
ここの煮付けはなんといっても味付けが素晴らしい。
甘さ強めの酒醤油みりんの味付けですが、ごぼうの出汁がよく出ていて絶妙な味です。

いやあ、この煮付けは本当に美味しいですわ。本当に味付けが素晴らしい。
これ以上の煮魚の味付けはなかなかお目にかかれないですね。

ブリの照り焼き定食 972円 3.5

寒ブリの最盛期は既に過ぎていますが、ブリの照り焼き定食を頼んでみました。

時期が少し過ぎていることもあり、脂ののったトロッとした感じではありませんが、
パサパサでもなく美味しくいただけました。

なかなか良いブリ照りで値段を考えれば非常に良いですが、
菜の花には色々美味しいメニューが有りますので、少々インパクトには欠けるかな。


煮魚定食 972円 3.8

2014年11月夜、再び「菜の花」に行ってきました。
頼むのはやっぱり煮魚定食です。相変わらず味付けが素晴らしい。

いつもは金目鯛の切り身一択ですが、今日は今が旬ということでムツとの2択でした。
せっかくなのでむつにしてみました。

出てきたムツは、兜と半身でした。付け合せは一緒に煮込んだ大根と、ピーマンです。

いつもの金目鯛の切り身の煮付けの場合の付け合せはごぼうで、
煮汁もさらにごぼうの風味が増します。

これがなんとも言えない煮汁の美味さになるのですが、
今回は牛蒡感が足りなく、少々物足りないです。

カキフライ定食 1134円 3.9

牡蠣の時期になると、カキフライもかなりお勧めです。
なんといっても、大ぶりな牡蠣のサイズがすばらしい。

写真だとサイズ感がいまひとつ伝わりにくいですが、
大ぶりのカキフライが5個出てきます。

この大きなプリプリの牡蠣フライは、
ヘタな牡蠣の名産地にある観光客向けの店のしょぼい牡蠣よりもよほど立派です。

揚げも大きめ柔らか目のパン粉を使い程よくカラッと揚がっていて非常に美味しいです。

お刺身3店盛り 864円 3.9

マグロ・イカ・白身の盛り合わせです。
この日のおすすめを聞くとヒラメとのことでしたので、
平目の刺身を頼もうかと思いましたが、
3点盛りの白身もヒラメだというので、3点盛りの方にしました。

出てきた刺身の美しさに目を奪われます。見ただけでみずみずしいのがわかります。

マグロは文句なく美味しいです。
漁港が近いわけでもないのになんでこんなにハリがあるのでしょう。

イカは歯ごたえもよく、そこそこ甘みも感じることができます。

そして、本日のおすすめのヒラメは、
身が厚くもっちりとしていて、簡単に噛み切れます。
回転寿司の薄く噛み切れないようなヒラメとは訳が違います。

個人的にはヒラメは淡白な味なので大して好きではないのですが、
これは美味しかったです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す