蕎麦処 みさき@桐生市で「2色そば」

2016年8月昼、群馬県桐生市の「蕎麦処 みさき」に行ってきました。

お店は、桐生駅から徒歩15~20分ほどの立地です。
駐車場は、建物の横にあります。というより、駐車場の奥にお店があるので、駐車場を抜けて入店します。

2色そば 880円 3.6

店主は京都出身とのことで、蕎麦の他におばんざい等もあります。
とりあえず蕎麦を食べに来たので、2色蕎麦にしました。平日はランチセットもあるようです。

二色蕎麦といっても、二八と十割でもなく、二八と田舎でもなく、二八と更科でもありません。
普通の二八そばオンリーなのですが、細打ちと中太の2種類の太さの蕎麦が出てきます。

まずは、太い方のお蕎麦と辛汁と薬味が出てきました。
薬味は山葵、ネギ、大根おろしと十分です。

辛汁は、鰹節の風味が強く出て、カエシは控えめなお味です。
醤油は角がなく優しく塩分濃度も控えめなので、出汁の香りが強く出ています。

田舎蕎麦ほどは太くないものの、普通よりも太めのお蕎麦は、もっちりとしたコシがあります。
とはいえウドン的な柔らかい伸びコシとは違い、蕎麦らしい硬さもあり、田舎蕎麦とは違う洗練された感じがあります。

蕎麦も古くなる8月中旬にも関わらず、蕎麦の香りや風味がしっかりとあるのが素晴らしい!
表面は蕎麦らしいザラッとした舌触りで、太いもののチープな感じがありません。

太い蕎麦の懐の深いモッチリした噛みごたえと、細くキュッと締められたコリッとした蕎麦の歯応えが融合したような、太いのに洗練されたお蕎麦でした。

太い蕎麦を食べ終わるタイミングを見計らって、細打ちの方の蕎麦がやって来ました。
先ほどの太い蕎麦もそうですが、1枚で普通の盛り蕎麦より気持ち少ないくらいの量があります。2種類出てくるので普通の盛り蕎麦の大盛り以上の量があり、値段を考えるとお得です。

こちらも蕎麦の香りがしっかりして、表面はザラッとした舌触りで、太い蕎麦同様に良いです。
こちらは細いため、よりキュッと締まった噛みごたえがあり、蕎麦らしい固いコシです。
まさにお手本のような良く出来た蕎麦という感じで、素晴らしかったです。

最後に蕎麦湯が出てきますが、ドロッとした白く濁ったものです。
かき混ぜる棒が付いているのが非常に便利です。
量も程よく美味しくいただきました。

店主一人で切り盛りしているため若干テンパり気味で粗めの接客になっていましたが、これは仕方ないでしょう。
蕎麦は素晴らしく、次来ることがあったら是非セットやおばんざいも食べてみたいです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

みさき 店舗情報

食べログ → みさき

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県桐生市の人気記事

コメントを残す