伊藤 銀座店@東銀座で肉そば 小(煮干しラーメン)

2016年10月夜、東京都中央区銀座のラーメン店「伊藤 銀座店」に行ってきました。

お店は、東銀座駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ビルの外にある入口から階段を下って地下にお店があります。
いまいち入口がよく分かりませんでしたが、ガラス張りの横のドアでした。

肉そば 小 750円 3.4

ネギのみの素の中華そばもありますが、さすがに寂しいのでチャーシューが乗った肉そばに。
少とはいえ麺140グラムですから一番一般的な普通の量のラーメンです。

第一印象はあまりにもシンプルだなということです。
小さいチャーシューが4枚乗っていますが、それ以外はネギのみ。
トッピングなんてオマケみたいなものですが、乗っていないといないで安っぽく見えます。

あとスープが少ないですね。
多くてもどうせ飲み干せないんだし、麺を食べるには十分な量でしたし、本来はこのくらいのスープの量でいいんでしょうけど、出てきた時点で麺が水面から顔を出していますからね。

スープはたぶん鶏清湯の醤油スープに煮干しを合わせたものでしょう。シャバシャバで煮干しのイガイガ感も無く上品です。しっかりニボ感が感じられ、煮干しの旨味が存分に出ているだけではなくて、後味に苦味が少し残る程度にエグみもあります。

濃いニボ感もあり煮干し好きとしては大満足なはずの素晴らしいスープですが、どうもあと一歩感が拭えない。普通のカタクチイワシの煮干しっぽい、ザ煮干しという感じの味で、ベースの清湯スープも遠慮がちなので、何か単調というか妙にシンプルなんです。

見た目のシンプルさとか、スープの少なさとか、色々印象が合わさって、どうも大満足!というまでの印象がないなあ。いや味は本当にうまいんですけどね。

麺は、140グラムってこんなにあったっけという印象で満足できる量でした。
スープが少ないから余計に麺が多く見えたのかな。

中細の低加水のパツパツ麺でかなり固めに茹でられていて、歯応えが良いです。
このパツパツ麺はやはり煮干しスープに抜群に合いますね。文句なく美味い!

4枚追加されたチャーシューは、厚めのバラチャーシューで、ホロホロという感じではありませんが、しっかり柔らかく美味いです。
しかし、やっぱりトッピングがちょっとシンプルすぎるなあ。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す