すし処 目羅@京橋でおかませのランチにぎり

2016年12月昼、東京都中央区京橋の寿司屋「すし処 目羅」に行ってきました。

お店は、宝町駅から徒歩1分、京橋駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ランチタイムも予約が必須のようで、前日に予約してから伺いました。

ランチのにぎり 1600円 3.6

ランチはメニューは無く、おまかせの”にぎり”のみです。1貫づつ握って出してくれます。
1600円で7貫と巻物、卵焼き、お椀と軽めですが、回らない寿司が手軽に楽しめます。
500円刻みでアップグレードもできるそうで、量は変わらずネタがグレードアップするそう。

本日は、まず鯛、続いてシメサバが出てきました。

鯛はプリッとした鯛らしい食感を残しつつ、若干熟成させた感じの柔らかさもあります。
味的には淡白な白身魚という感じで極めて普通かな。

しめ鯖は、白板昆布が被せられてお洒落ですね。鯖の臭みなど微塵もなく、酢のツーンとした感じも微塵もなく、鯖の身と鯖脂の旨味だけを強く感じます。素晴らしい美味さ!
回らない寿司屋ではこういった仕事がなされているネタがいただきたいものです。

続いてカツオ、中トロの順に出てきました。

カツオは、瑞々しくて乾いた感じはありませんが、新鮮で張りのある身というよりは、少し熟成した感じでふわっと柔らかくなっていました。かといって水っぽくユルユルな訳ではなくしっかりしています。

中トロは脂ののりも良く筋もなく良い感じですが、舌触りが極微かに冷凍焼けみたいな感じでした。あと、本マグロのような濃いマグロの旨味をあまり強く感じませんでした。
まあ、期待値を異常に上げなければ非常に美味しいですけどね。

続いて、卵焼き、雲丹の順に出てきました。
卵焼きは甘いタイプで、まあ普通に美味いです。

雲丹は、しめ鯖と並んで本日のハイライトでした。濃いオレンジ色の美しいウニです。
上に丸くて柔らかい塩が振られいて優しい塩味で頂きます。
特別甘みが強いとか風味が強いとかではないのですが、臭み皆無で新鮮な感じで、柔らかい塩でいただく感じが絶品でした。
ウニは特別好きではなく、安い寿司屋や回転寿司では自発的に注文することは絶対ありませんが、その私が美味いと思うレベルでした。

ここで椀物が出てきます。ワカメと三つ葉だけの簡単な吸い物ですが、味が濃い!
強烈な出汁の風味と濃い塩分濃度でドギツイ味です。もう少し優しい味のほうがいいなあ。
一瞬、牛骨とかの動物出汁かと思うほどの強い味でした。

続いて赤身です。これまた本マグロのような濃いマグロの味は感じませんでした。
とはいえ、瑞々しく舌触りも良いです。それでいて、これまたハリがある感じではなく、熟成したかのようにふわっと柔らかく仕上がっています。

ピチピチのハリがある新鮮な感じの身と、若干寝かせたような柔らかな身とどちらが良い寿司なのか分かりませんが、これはこれで好きです。
柔らかいのに水っぽく緩いわけではなく、鮮度が落ちた感じが無いのがすごいですね。
これが回らない寿司の力か!

続いていくらの軍艦巻きです。何かこれは極めて普通でした。
個人的にイクラにあまり興味が無いというのもありますが、際立った感じがありませんでした。

最後に巻物で締めです。本日は鉄火巻きでした。
これも赤身のにぎりと同様に非常に柔らかい身です。
巻物は新鮮ピチピチでハリのある身より、こういう熟成された感じのほうが好きかも。

普段あまりお高い寿司屋に行かないので寿司の味など分かりませんが、
単純なピチピチの鮮度とはまた違った魅力がありました。
夜はお高いようですが、軽めとはいえこの値段でランチを味わえるのは素晴らしいですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都中央区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す