「ロートンヌ 秋津本店」でガトーショコラやシシリー

2016年12月夕方、東京都東村山市秋津町の洋菓子屋「ロートンヌ 秋津本店(L’AUTOMNE)」に行ってきました。

お店は、新秋津駅から徒歩3分、秋津駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前の道を西に30mほど進むと、左手の花屋の隣にあります。

ガトーショコラ 484円 3.4

チョコレートスポンジと生チョコクリームのケーキですね。
かなり評判の良いお店なので期待値を上げすぎましたが、意外と普通でした。
なんか見た感じの仕上がりがあまり際立ってきれいに見えないのでどうなのかと思いましたが、やはり飛び抜けた感じはありませんね。きちんと標準以上の美味しさではありますが。

スポンジもパサつかないギリギリ位の感じです。
クリームももったりした垢抜けない感じでは全くありませんが、飛び抜けて洗練された感じでもありません。
普通に美味しい、普通のケーキ屋のケーキという感じですね。

季節のフルーツをサンドと書いてありましたが、12月なので苺でした。
サンドされている苺は控えめな量で、上に乗っているのがメインでした。
苺の香りが良く、程よい酸味と甘味で非常に良い苺です

シシリー 540円 3.7

ピスタチオのババロアにヘーゼルナッツのアクセントを加えたお菓子だそう。

下から食パンの白い部分を圧縮したようなもの、サクサクのヘーゼルナッツ風味のチョコレートクランチの層、ピスタチオのババロア、チョコレートスポンジ、ピスタチオのババロアと重ねられています。表面は片側半分がチョコで包まれ砕かれたピスタチオが飾られています。もう片側には謎の緑のパウダーというアンシンメトリーなデザイン。

ピスタチオのババロアは、甘みが極めて控えられていて、素朴ながら濃いピスタチオの風味があります。チョコレートスポンジ、そして主にヘーゼルナッツ風味のチョコクランチの甘味で食べる感じですね。ピスタチオとナッツの風味とチョコの甘味が絶妙な味のハーモニーです。
こういう絶妙な味の組み合わせを期待していたんです。ガトーショコラは普通過ぎた。

上部にはラズベリーっぽい味のマカロンが乗っています。1日近く経ってから食べましたが、ケーキと接している部分が湿って溶けたようになり美味かったです。

エピス 467円 3.7

かぼちゃにスパイスを効かせて生クリームと組み合わせたお菓子だそう。
シナモン?のスポンジ、ホイップクリーム、同じスポンジ、かぼちゃのムース、カボチャのホイップクリームが重ねられています。上部にはシナモンっぽいスパイスのパウダーが振られ、ホワイトチョコとひまわりの種で飾り付けがされています。

全体の味の核となるカボチャのムースは、細かく越された滑らかな舌触りですが、しっかりカボチャの濃い風味があります。
特徴的なのはシナモンなどのスパイスが効いていることで、味のアクセントになっています。
スパイス感が入ることで、単調なカボチャの風味に留まらない複雑な味を作り出しています。
うーん、いいですねえ、こういう複雑な味のハーモニーを求めているんです。

ロートンヌ 秋津本店 店舗情報

食べログ → ロートンヌ 秋津本店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す