てんぷら 深町@京橋でランチ「特製かき揚天丼」

2017年1月昼、東京都中央区京橋の天ぷら屋「深町」に行ってきました。

お店は、京橋駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ランチタイムで予約できるのは7000円の天ぷらコースからで、特製かき揚天丼の場合は予約できません。コースの予約で席が埋まっていない時のみ入店できます。
本日は開店2分後に到着しましたが、営業中という看板が出ていて入れそうでしたので入店しました。すると既に店内は満席寸前でギリギリ入れました。皆さん開店前から並んでいたのでしょう。入店直後に本日は満席ですの看板に変えられていました。予約で席が埋まっていなければ開店時間前に来れば食べられそうですね。

特製かき揚天丼 3024円 3.5

夜はお高い天ぷら屋で、昼も7000円と9000円の天ぷらがありますが、やはりランチではリーズナブルに楽しめる特製かき揚天丼が人気です。

かき揚げ天丼で3000円というのはよく考えれば割高ですが、ミシュラン星付きの天麩羅の名店の味が安く味わえるということで大人気です。

揚げているところを目の前で見ていましたが、かき揚げは非常に厚みがあり大きなものです。
御飯の量は普通の標準的な天丼という感じですが、全体はなかなかのボリュームですね。

この天丼にしじみの赤だし、お新香が付きます。漬物は全体に浅漬け気味で瑞々しいですがしっかり乳酸発酵していていました。大根漬けが相当に瑞々しくなんか美味かったですね。

カニ、小海老、ホタテ、そら豆、ゆり根、むかご、舞茸、タラの芽?ふきのとう?が入った豪華でボリュームのあるかき揚げと、アスパラガス単体の天ぷらが乗っています。

はじめに全体の感想から言うと、思った以上に普通の天丼だなあという感じです。
人気の超名店の絶品のかき揚げ天丼という感じの特別感は全く感じないです。

アスパラガスの天麩羅は単体ですので、タレがかかっているものの薄めでカラッと揚がっていて良い天麩羅の片鱗が見えますが、かき揚げの方は衣も厚く、ごはんの湿気とタレにやられてサクサク感はあまりありません。タレもしっかり味があるベタッとしたタイプで極めて普通です。

カニ、小エビ、ホタテの魚介は贅沢に入っていて良いですが、しっかり火が通りきって完全に熱変性した感じで普通です。
野菜類は、むかご、ゆり根はホックリ蒸されたように仕上がっていて良いですね。
アスパラも瑞々しくシャクッとした食感で、そら豆も香りもあり良いです。
細かく見ていなくてタラの芽かフキノトウか分かりませんが、何か苦味のあるものも入っていて味のアクセントになり良いです。何か全体的に野菜の方が美味い感じでした。

普通の美味しいしっかりとした具材のかき揚げで、満足の美味しさではありますが、世間の評判やネットのレビューから考えるとあまりに普通だなあという感じです。
やはり深町の真価を確かめるには天ぷらを食べたほうが良さそうです。
もちろん特製かき揚天丼も十分に美味しく何の文句もありませんが、もっとずっと安く同じくらい美味しい天丼はいくらでもあるので、やはり真価である天ぷらをいただくほうが正解な気がしました。

てんぷら 深町 店舗情報

食べログ → てんぷら 深町

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す