やきとり宮川@日本橋茅場町でランチ「から揚げ」

2017年2月昼、東京都中央区日本橋茅場町の「やきとり 宮川」に行ってきました。

お店は、茅場町駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ラストオーダー20分前の13時10分頃伺いましたが、7,8人が列んでいました。
回転は以外に早く、列の最後尾についてから10分経たないくらいでカウンター席につきました。

ランチ から揚げ 880円 3.5

ランチメニューは、やきとり丼、もつ丼などもありますが、から揚げが圧倒的人気のようです。
ということで、から揚げを注文しました。

まずはすぐに鶏のスープが運ばれてきますので、これを飲んで待ちます。
後で定食が出てくる時にスープがもう一杯でてくるので、飲み干してしまって大丈夫です。
スープの味は普通ですね。適度に鶏清湯の出汁が出た塩味のスープで、ネギがたっぷりです。
鶏の旨味を強く感じるよりも、黒胡椒が強い印象だなあ。

程なくして、から揚げ、ご飯、タレ、スープが出てきます。スープは先程と同じものです。
から揚げは骨付きのものも含めて5個と十分な量です。
ご飯の盛りもそこそこで十分にお腹いっぱいになるボリュームですね。

さて、肝心のから揚げですが、割りと白っぽい衣で、どちらかと言うと竜田揚げかな。
衣は割りと薄めで、パリッというよりもバリバリしているハードなタイプです。
バリバリなんだけど衣が厚すぎないので、お上品な印象ですね。

酢醤油を薄めたようなタレもありますが、軽く塩味で下味がついているので、そのままでも十分に美味しいです。というか明らかにそのまま食べたほうが美味い!
ほんのりした上品な塩味で、ハードながらも上品な衣に包まれたジューシーな鶏肉をいただく、素晴らしいじゃないですか。大変に美味しい塩唐揚げでした。

手羽みたいな骨の付いた部位も入っていて、これはこれで面白いですね。
骨付きでも食べにくいということはなく、キレイに肉が剥がれます。
骨の周りなんか味が濃くて美味かったですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す