「GARA スパイスレストラン 池袋店」で5色カリーランチ

2017年2月午後、西池袋のインドカレー屋「GARA スパイスレストラン 池袋店」に行ってきました。

お店は、池袋駅西口から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

日曜日の15時も過ぎてランチ時間を逃し、途方にくれて西池袋をブラブラしていたら表にランチメニューが掲示されていました。ネットで口コミを調べたら16時半までランチをやっているという口コミを見つけ、本当かどうか分かりませんが入ってみたらやっていました。
16時近くになって帰る頃もまだやっていたので、本当に16:30までやっているのかも。
池袋のランチ難民には嬉しいお店です。

Cランチ 5色カリーランチ 1382円 3.4

ランチメニューはAからFまであり、1000円以下のカレーとナンのセットから、1500円を超える色々付いたセットまであります。その中からCランチの5色カリーランチを注文しました。
色々な種類のカレーが楽しめるのはいいですね。

ナンは、プレーン、ガーリック、ほうれん草、パンプキン、レーズン、スパイスから選べます。
かなり迷いましたが珍しいほうれん草ナンにしました。見事に緑色をしたナンですが、特段ほうれん草っぽさは感じない普通のナンでした。

左奥から時計回りに、バターチキンカレー、ビーフカレー、ベジタブルカレー、ホウレンソウカレー、キーマカレーです。
それぞれがチョットずつですが、それでも5種類あるので贅沢にカレーを使ってナンを食べても余るくらいでした。カレーをケチケチしなくていいのはとっても良い!

最初、揚げナスの浮いたキーマカレーを食べた時は、スパイス感も控えめで出汁もあまり効いていないスカスカな味だなと思いました。続いて隣のサグパニールは濃厚にほうれん草ペーストが使われていてドロっとしていますが、非常に塩気が薄いです。隣のベジタブルはキーマを更に薄くした感じで、旨味の欠片も感じません。

あれハズレだったかなと思いましたが、奥の2種類は濃厚なカレーでした。
左のバターチキンはトマトベースにバターなどの乳製品を合わせたおなじみの味です。
甘く濃厚でこれは普通にうまいですね。チキンもしっかり入っています。

右のビーフカレーは、少しスパイスが入ったビーフシチューそのものです。北インドのマトンカレーでデミ系の味の濃厚なカレーがありますが、これは更にビーフシチューそのものの味です。香味野菜と動物出汁のうまみがギュッと凝縮していて、前半のスカスカ感がウソのような濃厚な旨味です。柔らかい牛スネ肉も入っています。

濃厚な2種類のカレーを食べて、前の列のカレー3種類に戻ってきましたが、どうも先程食べた時とは様子が違います。あれ、なんかこっちも美味しいぞ?なんで?という感じで、どういったわけか前の3種類からも美味さを感じるようになっていました。

単純に食べた時の一口目のインパクトは薄く、スカスカだなという印象でしたが、よく味わってみればキーマは仄かに鳥挽肉の旨味がでていて、控えめながらしっかりスパイス感もあります。塩分濃度は控えめですが薄味に舌が慣れてきたのか後半は問題なく美味しくいただきました。

ほうれん草とチーズのサグパニールも、相変わらず極めて塩分濃度が低いのですが、よく味わってみると少しだけ塩気があり、まるでチーズから塩分と旨味が少し溶け出たような繊細な味がします。

ベジタブルカレーもパプリカを始めとした野菜の風味が溶け出して、スパイス感も控えめながら感じます。薄めで優しい味なので野菜の風味がスープに溶け出ている様がよく分かります。

最初私の舌がおかしかったのか、塩分濃度が足りず味がしない、動物出汁もあまりないスカスカな、スパイスもマイルドなカレーでハズレかと思いましたが、後半はかなり楽しめました。
まるで食べている途中で味覚が変わってしまったかのよう。一口目のインパクトはないけれど、舌が慣れてくるとじわじわ美味しく感じる仕様なのかしら。

このセットにはドリンクが付き、コーヒーかチャイの選択でしたので、チャイをホットで注文。
チャイを名乗っていながらただの紅茶みたいなインドカレー屋も多い中、こちらはしっかり香辛料の風味があり非常に良かったです。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す