「天ぷら 新宿つな八 総本店」で平日ランチ限定の昼膳

2017年2月午後、新宿三丁目の天麩羅屋「天ぷら 新宿つな八 総本店」に行ってきました。

お店は、新宿駅東口から徒歩3分、新宿三丁目駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

平日ランチ限定 昼膳 1512円 3.5

少しお高めの天ぷら屋ですが、平日ランチは1500円から天ぷらが楽しめます。
しかも16時までランチタイムなのが嬉しい!この日も15時過ぎに伺いました。

まずは、お膳が運ばれてきて、天麩羅が揚がる少し前にご飯、味噌汁、高菜と運ばれてきました。一番安い定食ですので、全体的にボリューム軽めで、ご飯の盛りも軽いです。

昼膳は、海老、白身魚、烏賊、野菜2種、かき揚げという内容です。
まずは、海老、真鯛、烏賊が出てきました。
リーズナブルな昼膳ですが、きちんと揚げたてを順番に出してくれます。

衣がシャクっと上品に揚がってて油の切れも良いのは流石ですね。
街の安い天ぷら屋の天ぷら定食とは違う感じです。

ただ、最廉価のメニューなので、肝心の魚介類の素材そのものは平々凡々です。
海老は安い天麩羅定食と変わらない感じですし、烏賊も弾力がある普通のイカです。
真鯛は身がふっくら柔らかに仕上がっていて、ちょっと特別感ありました。

まあ、一番安い定食ですので素材の質までは求められません。上品な仕上がりの衣を楽しむ感じですね。もちろんお金を出せば素材も素晴らしいものになるのでしょう。

続いて野菜天2種です。本日はブロッコリーとタマネギでした。

個人的にブロッコリーって天麩羅としてはどうなんだろうと思うところはありますが、結構素材の歯ごたえを残しつつ薄い衣で綺麗に揚がっていて、悪くないですね。
タマネギもシャクッとした食感を残しつつふっくら揚がっていて、甘みが際立ちます。

やっぱり良い天ぷら屋って野菜天の良さが際立ちますね。
ブロッコリーがどうなのか分かりませんが、薄く上品な衣で質の高さが伺える1品でした。

最後にかき揚げが出て終了です。どれもこれも小ぶりでしたが、かき揚げはそこそこのサイズ!
ゴボウ、人参、春菊、小海老のかき揚げで、ゴボウの風味が目立ちましたね。
海老も2,3個入っていて、なかなか食べごたえがありました。
かき揚げですが衣が分厚くベタッとしておらず、シャクッと上品で良かったです。

ということで以上の内容で、正直ボリューム的には軽めです。腹八分目弱くらい。
素材自体は平々凡々で驚きは全くなく、街の安い天ぷら屋の天ぷら定食と変わりませんが、衣は上品に仕上がっていてお高めの天麩羅屋の実力の片鱗を見ることが出来ました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す