船橋屋 本店@新宿で天ぷらランチ 宝

2017年3月午後、新宿の天ぷら屋「船橋屋 本店」に行ってきました。

お店は、新宿駅東口から徒歩3分ほど、新宿三丁目駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

12時頃には入口前に列が出来ていました。15時のランチ終了間際の14時45分に再度訪れましたが、まだ2人列んでいて、後ろに着いてから15分ほどで入店になりました。

ランチ 宝 1380円 3.4

夜はそこそこの値段の天麩羅屋ですが、ランチタイムはリーズナブルに楽しめます。
土曜日もランチがやっているのがうれしいですね。土曜日の15時ギリギリに滑り込みました。
一番リーズナブルなランチの天ぷら定食の宝を注文しました。
海老2、魚1、野菜3、かき揚げという構成の天ぷら定食です。

まずは、ご飯、シジミの味噌汁、漬物、小鉢が出てきます。
小鉢はキュウリの酢の物にシラスが乗ったもので、さっぱり口直しになりました。

天つゆに入れる大根おろしには生姜が乗っていて、良いアクセントになります。

一番安いランチの天ぷらですが、揚がったものから順番に出してくれます。
まずは海老2点と、穴子が出てきました。

来た目に美しく良い塩梅に揚がっているように見えます。
衣は際立って上品にシャクッと仕上がっているわけではありませんが、必要十分にサクッと揚がっていて、衣の厚さも丁度よい感じです。
特別感はありませんが、十分に満足のクオリティですね。

海老は特別なものではなく安いランチの海老という感じですが、しっかり熱々に仕上がっていて十分に美味いです。

宝では1種類出てくる魚は、本日は穴子でした。
当然1本ではなく、1/3くらいの小さなものです。
身が蒸されたようにふっくら熱々に仕上がっていて美味い!

続いてピーマンが出てきました。衣は上品に薄く、中のピーマンはシャキッとした食感を残しながら柔らかジューシーで、非常に美味いです。
衣の軽さとピーマンのジューシーさが際立ちますね。
どうもどこの天麩羅屋でも、安いランチだからか野菜天のほうが感動があるなあ。

続いてカボチャとタマネギです。
タマネギは、サクッとした食感を残しながら、蒸されたように熱々ジューシーで、甘みも際立ちます。これまた素晴らしいです。

一方のカボチャは、なんか普通だなという感じです。
まあ普通にカボチャを天ぷらにした感じで、極めて普通です。

最後にかき揚げです。これはなかなかに厚みがありボリュームがありますね。
小エビが非常にたっぷり使われているのが印象的です。
衣は結構固めにパリッと仕上がっていて、かき揚げですがぐちゃぐちゃする所がありません。
これまた際立ったものではありませんが、十二分に満足できるものです。

以上の内容で正直軽めではあるのですが、この値段で揚げたての天麩羅が楽しめるのは嬉しいところです。
値段が値段なので特別感のある天麩羅ではありませんが、気軽なランチとしては十二分の満足度です。ピーマンとタマネギはかなり美味かったですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す