南インドカレー&バル エリックサウス@八重洲地下街でミールス

2017年3月午後、八重洲地下街の南インド料理屋「南インドカレー&バル エリックサウス」に行ってきました。

お店は、東京駅直結の八重洲地下街 二番通りです。
駐車場は、無さそうです。

エリックミールス 1450円 3.6

土曜日もランチメニューがあるのがありがたい。カレー1種類の選べるカレーランチは800円からありますが、せっかく南インド料理なのでミールスが食べたい。
ミールスのメニューは13時以降に注文できます。

選べるカレー2種類、本日の野菜カレー、サンバル、ラッサム、サラダorヨーグルト、ワダ、ウプマ、ターメリックライス、バスマティライス、パパドのエリックミールスにしました。
一番安いレギュラーミールスは1180円ですが、少し豪華にこちらにしました。

左の白いカレーは本日の野菜カレーで、何といったかな?なんとかという名前だったけど忘れました。味はヨーグルトそのものでカレーという感じではありませんでした。スティック状に切られたジャガイモ、人参、大根などが入っていて、まるでインドのヨーグルトサラダみたいでした。

真ん中が、選べるカレーから選んだ1種類目のマトンカレーです。これは非常にオーソドックスな日本的で濃厚なカレーで、クセもなく非常に美味いです。松屋のカレーに似ていて、松屋のカレーを更にうまくした感じ。辛口と言うだけあってしっかり辛さがあります。

右は選べるカレー2種類目のバターチキンカレーです。こちらは打って変わってかなりの甘めです。バターなのか脂なのかトロッと濃厚です。かなり甘みがある中にも辛さもあり、しっかりカレーですね。チキンも柔らかくて美味いです。

左は、サラダorヨーグルトから選んだサラダです。これはまあ普通。

真ん中はラッサムです。おなじみ南インドのトマトスープです。トマトジュースみたいなスカスカな味のお店もありますが、こちらはしっかりスパイス感があるので良いですね。辛さも結構辛い感じです。

右はサンバルです。おなじみの南インドの野菜などを煮込んだカレースープですね。味的にはシャバシャバなトマトカレーという感じで、トマトや香味野菜の風味が効いていてオーソドックスなカレー味です。結構辛さもあり良いですね。

ライスは2種類で、プレートの真ん中に長粒米のバスマティライスが盛られ、上にパパドが乗っています。左下に盛られている黄色いライスがターメリックライスです。こちらは普通のジャポニカ米ですね。2種類のライスがつくのは珍しいですが、正直カレーを食べる上ではどちらでもいい気がします。

プレートの下の左側がウプマです。一見すると卯の花みたいですが、セモリナ粉で作られていて、まるでもち米シュウマイみたいにもっちりしています。ナッツ類やスパイスも入っていて、本当にインド版の卯の花みたいです。上にはココナツがかかっていて、ココナツ風味の味ですね。

右側のドーナツみたいなのがワダです。ウプマを固めて油で揚げた感じですね。モチモチ感に加えて周りがカリッと仕上がっているので美味いですね。プラックペッパーが丸ごと入っていたりします。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す