伊勢屋 本店@小田原市で豆大福と苺大福など和菓子類

2017年4月午後、神奈川県小田原市の和菓子屋「伊勢屋 本店」に行ってきました。

お店は、小田原駅から徒歩14分ほどの立地です。
駐車場は、お店の左隣のなりわい交流館の左脇の道を南に20メートルほど進むと左手に3台分あります。

豆大福 156円 3.3

伊勢屋 本店の定番人気商品だという豆大福を購入しました。
一見して豆がタップリ散りばめられているのが分かり非常に豪華ですね。

新潟産のわたぼうしというもち米で造られているという餅は、とにかく分厚いモチです。
噛みごたえ食べ応えはありますが、餅が分厚すぎて上品な大福という感じではありません。
個人的には薄めで上品な大福が好きなのですが、もっちりした厚い餅が好きな方には良いかもしれません。

餅も厚いですが、粒餡もそれなりの体積が入っているのでバランスに大きな問題なし。
粒餡は至って普通で、特別小豆の香りが濃いとか、甘さ控えめとか特別感はなく、極めて普通に甘みのあるあんこです。
塩味の効いた豆の風味がしっかり感じられる豆大福になっていて、豆好きにはたまらない一品です。まあ、個人的には豆が多すぎな気もしますが・・・

大味でモチも厚く、打ち粉が過剰にかかっていて、豆の量も過剰で贅沢に大量にモチに埋まっています。良く言えば豪快で大味な大福ですが、洗練された感じはありません。

苺大福 199円 3.4

12月~3月までの期間限定商品で、豆大福に次ぐ人気商品だそうです。
こちらはビニールパッケージに入っています。

サイズは大きめでボリュームのある苺大福という感じですね。
先日食べた翠江堂の洗練された苺大福とは対極にあるような感じで、とにかく大味です。
まず、豆大福同様にモチが分厚い。硬いとかではなく普通にしっかり柔らかなモチなのですが厚みがあるのでもっちり噛みごたえがあります。
そして、こちらも打ち粉が過剰に振られているので粉っぽいのが気になります。

粒餡は特別上品とかではなく、極めて普通のものでしっかり甘さがあります。
モチの体積に対して粒餡の体積が少なすぎますね。明らかにバランスがおかしい。

ただ、意外にもイチゴが結構良いもので、香り甘みが良く瑞々しくジューシーです。
苺大福にもったいないくらいの良い苺でした。ただ、酸味が少し弱いかな。
イチゴだけで食べる分には非常に良い苺だと思いますが、苺大福のイチゴは強い酸味もあってこそ粒餡との味のハーモニーが生まれるわけですからね。

イチゴが良いだけに総合的に結構美味しい苺大福ですが、特別感のある洗練されたいちご大福という感じではないです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

神奈川県小田原市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す