つけ麺屋 やすべえ 池袋店で「つけ麺 中」

2017年4月夜、池袋のラーメン屋「つけ麺屋 やすべえ 池袋店」に行ってきました。

お店は、池袋駅東口から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って左手の券売機で食券を購入してからカウンター席に座りました。
22時23時頃だといつもは列んでいることも多いですが、今日は22時頃ですんなり入れました。

つけ麺 中 780円 3.5

ラーメンもありましたが、「つけ麺屋 やすべえ」というくらいなのですから、つけ麺でしょう。
麺300グラムのつけ麺中にしました。

事前情報無く入店したのでどんなつけ麺か知らず、ドロっとコッテリ系だとばかり思っていたら、サッパリ系のつけ麺なんですね。
シャバシャバの動物魚介スープに甘味と酸味が入った東池袋大勝軒系のつけ麺でした。

鶏豚ガラを時間を掛けて煮出したようなシャバシャバのスープにほんのり魚介を合わせてあるスープですが、何より酸味と甘味が強く効いていて非常にサッパリとした味わいのつけ汁です。

まさに東池袋大勝軒系の元祖つけ麺という感じのサッパリな味わいで、最もポピュラーなドロドロに乳化した動物系にガッツリ魚介を効かせたつけ汁とは一線を画します。

サッパリなんですが甘み酸味が効いているので味に力があり、スルスルいけますね。
ネギシャーシュー海苔メンマと具材も程よく入っていて、美味いつけ汁でした。

麺は並盛220グラム、中盛330グラム、大盛440グラムが同じ値段というのが嬉しいところ。
今回は食後で〆だったため欲張らず330グラムにしておきました。

メニューに麺に対するこだわりが長々と書かれていましたが、つけ麺の麺としては至って普通な印象でした。黄色っぽい太麺が冷水でキュっと締められコシがしっかりしていて、つけ麺の麺として申し分のない美味さです。ただ、飛び抜けた特別感はあまり感じませんでした。普通に十二分に美味いつけ麺の麺という感じです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す