だるまや@十条銀座商店街で抹茶小豆かき氷

2017年4月午後、東京都北区十条の十条銀座商店街の甘味喫茶「だるまや」に行ってきました。

お店は、十条駅北口から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

特選宇治金時 1180円 3.7

かき氷メインの甘味処かと思いきや、お茶やコーヒーなどもこだわっている喫茶店のようです。
独特なキャラの店主が他のお客さんと会話をしており、お茶の話かかき氷の話か分かりませんが、別格3000円、超別格10000円だの物騒な話をしていました。

フルーツ系のかき氷もありますが、おすすめを聞くとやはり抹茶のものだそうで、宇治980円、特選宇治1180円、極上宇治1730円、別格宇治3000円となっています。
かき氷で3000円って凄いな・・・

初めてなので様子見で一番安いのでいいかなと思いましたが、下から2番目の特選とあまり値段が変わらないので特選にしました。
特選宇治は白蜜の甘みのようですが、抹茶かき氷といえば小豆だろうということで、特選宇治金時の方にしました。

で、出てきたかき氷ですが、そこそこ良いお値段しますがなかなかボリュームがあり良いね。
細かく薄くフワッフワに仕上がったかき氷に、非常に濃ゆい抹茶が贅沢に掛けられていて、これまた贅沢にしっかり粒の残った粒餡が盛られています。

ひとくち食べて抹茶の風味の濃さに驚きます。抹茶シロップとは一線を画するしっかりした抹茶がかけられていて、微塵の甘みもない抹茶の味です。
非常に濃い抹茶の風味でありながら、苦味がエグくなく香り豊かで素晴らしいです。

甘みは上に盛られた小豆頼りですが、この小豆がまた素晴らしい。
豆の粒を保って甘く炊かれたもので、しっかりした濃い小豆の風味があります。
甘さもしっかりしていて、甘味の無い抹茶かき氷とこの小豆が組み合わさることで素晴らしい美味さとなっています。

氷も一見荒らそうに見えますが、ふんわりしていて口溶け柔らかです。
フワッとしていて軽く、ジャリジャリしたところが全くありません。
まるでパウダースノーのようなふんわり柔らかな感じですね。

今回は4グレード中の下から2番目でしたが、非常にクオリティが高いかき氷で、高いかき氷で初めて感心しました。最上位の別格がどのくらいのものなのか非常に気になりますね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都北区の人気記事

コメントを残す