そば処 和邑@豊島区雑司が谷で蕎麦「せいろ」

2017年5月昼、東京都豊島区雑司が谷の蕎麦屋「そば処 和邑」に行ってきました。

お店は、雑司が谷駅から徒歩5分、池袋駅東口から徒歩12分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

店内はテーブル席2卓+座敷席2卓という小ぢんまりとした蕎麦屋でした。
日曜日の14時頃に行きましたが、満席ではありましたが外に列などはありませんでした。
すぐ後ろのお客さんで蕎麦が完全に売り切れて店じまいになっていたので危なかった。

せいろ 1000円 3.5

せいろ(十割蕎麦)、ひきぐるみ、しらゆき(更科)、季節の変わりそばと4種類の蕎麦があります。好きな3種類が少しずつ味わえる三色盛1500円がいいかなと思いましたが、せいろ以外は売り切れでした。時間が遅すぎましたね。

仕方がないのでせいろを注文!ほどなくして蕎麦が運ばれてきました。
盛りはまあ標準かな。それほど多くもないですが、少なくもないです。

辛汁は鰹出汁もしっかりした、カエシもドギツすぎないほどよい感じで少し甘みもあるタイプ。
サッパリスッキリとした味わいで、あまり個性はありません。
薬味はネギと大根おろしです。

さて肝心のお蕎麦ですが、まずはいつも通り辛汁に浸けずにいただきましたが、しっかり蕎麦の香りを感じる良い蕎麦でした。ほんのり蕎麦の甘みも感じて良い感じです。

標準的な細打ちの蕎麦で、十割らしい柔らかい感じのコシがあります。
表面も適度にザラついた舌触りで良い感じなのですが、どうにも少しポソポソする感じがあります。何というか蕎麦の水分含有量が不足している感じ。
個人的に瑞々しい蕎麦が好きなのもありますが、ちょっとポソポソすぎる気がしました。
特に後半表面が乾いてくると、圧倒的に水分量の不足を感じました。

蕎麦湯は白濁して軽くトロッとした濃厚なタイプです。
蕎麦の風味もあり、溶けた蕎麦粉の成分のだまになった舌触りもあり飲みごたえありです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す