ラトバレ@新大久保でネパール料理ランチのダルバート

2017年6月午後、新大久保のネパール料理屋「ラトバレ」に行ってきました。

お店は、新大久保駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ランチ Cセット 800円 3.5

この日は土曜日でしたが、ばっちりランチメニューが表に出ていました。
16時までランチタイムなのが嬉しいです。

500円でチキンカレーとライスのランチからありますが、せっかくならダルバートでしょう。
CセットとDセットがありますが、値段違うけど内容が同じようにしか見えない。量の違いか?
ということで安い方のCセットにしました。

長粒米も含まれたライスが盛られ、ダル、カレー、タルカリ、アチャールが並ぶおなじみのスタイルです。

まずはダルです。ダルバートには欠かせないメインの豆スープです。
お店によっては本当に豆の風味を活かした、スパイス感に乏しい塩分濃度も足りないような本当に素朴な店もありますが、こちらラトバレのダルはスパイスもしっかり塩分濃度もしっかりで、おまけに動物出汁も効いていてカレー味でした。優しい味のダルカレーという感じですね。

優しいながら味に力があり、混ぜずに単体でカレーのようにライスを食べることができます。
散らされたパクチーが風味のアクセントになっていて良いです。

カレーは、ベジ、ダル、マトン、アルボディタマ、チキンから選べるのでマトンにしました。
かなりシャバシャバ系のカレーで、トマト風味が目立ちますね。
スパイス感が足りないわけではないのですが、いわゆるカレー的な味は控えめで、マトンのスパイストマト煮と言った感じの味です。
こちらもパクチーが散らされていて、風味のアクセントになっています。

マトンも骨付きでワイルドなものがゴロゴロ入っています。
それほど柔らか系ではなく、しっかり歯ごたえがあるタイプですが、決して固くはない!
一瞬ワイルドな風味があるように感じましたが、慣れたら全然クセがなく普通でした。

タルカリは、カリフラワー、じゃがいも、インゲンをカレー味で煮っころがしにしたものでした。カリフラワーが非常に柔らか!
全くクセのない非常にプレーンなザ・カレーという優しい味で味付けされていて、美味いです。
こちらのお店は味にクセがなく、かなり日本人の舌にも合う気がします。

生野菜とアチャールです。野菜はキュウリと人参です。人参が甘みがあって美味かった。

アチャールは、大根、人参、キュウリを塩漬けにしたものを、ザ・カレーという味のスパイスで和えてありました。塩気が効いていて辛さもそこそこあります。
異常に辛かったり、発酵が進んで酸味があったりということがなく、非常に食べやすい味です。

本当に全体的に料理に癖がなく食べやすいです。美味かった!

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す