梅月園@伊豆 松崎町で松かさ最中&さくら葉餅

2014年12月、伊豆 松崎町の菓子処「梅月園 桜田支店」に行ってきました。
松崎町は、桜の葉の全国シェア7割という桜の葉の産地です。

こちらがお店です。
松崎町の中心部から県道15号を下田方面に少し行ったところにあります。
ロードサイド型の店舗で、お店の前に大きな駐車場があります。

店内にはガラスケースに箱入り商品が並ぶ他、右の方にバラ売りコーナーも有ります。
かなりの商品数ですね。洋菓子や煎餅もありました。

松かさ最中 1個135円 3.3

この松かさ最中が、梅月園の創業当時からの看板商品とのことです。
松ぼっくりの形をした最中です。2種類ありました。

モナカの皮は極めて一般的なもので、湿気ることもなく適度にパリっとしています。
あんこと別になっていて食べる前に自分で挟む最中ほどサクッとはしていませんが、
これぞ最中という適度なパリっとした皮です。

形状が松ぼっくりの様なまるっこい形で中に隙間なくあんこが入っているため、
結構な重量感です。
餡は、茶色が粒あん、緑色が緑色のうぐいす餡が入っています。

餡に、水飴と寒天を加えているからか、粘りっけがあるねっとりとした餡です。
甘さもそこそこあって、全体的に結構食べごたえのある最中でした。

さくら葉餅145円 & さくらきんつば216円 3.3

パッケージは写真のとおりです。箱入りもありおみやげにも良し。
両方共、袋を開けた瞬間に、桜の葉の香りがふわっと香ります。

こちらがさくら葉餅です。2枚の桜の葉で包まれています。

桜の葉から香りが移っているのか、餡にもさくらの香りをつけているのか分かりませんが、
しっかりさくらの香りを楽しみながらいただけます。

薄い円状のお餅を折りたたんで、こしあんを挟んであります。
お餅が普通のものに比べてパツパツ噛み切れるなと思ったら、
うるち米から作った上新粉で作っているんですね。

これはこれでおいしいけど、
個人的にはもち米比率の高いもう少しモチっとしたものの方が好みかな。

こちらは「さくらきんつば」です。きんつばを桜の葉で包んであります。

こちらも一般的なきんつばですが、さくらの香りを楽しみながらいただけます。
中の粒餡は、あんこが主体のお菓子だけあって、甘さ控えめでした。
甘ったるすぎず、さくらの香りを豊かに感じられます。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

静岡県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す