カレーの店 マボロシ@相模原市でポークカレー

2017年7月昼、相模原市中央区の「カレーの店 マボロシ」に行ってきました。

お店は、相模原駅から徒歩18分程度の立地です。
駐車場は、無さそうです。

なかなか食べられないと噂のマボロシのカレーらしく、開店1時間後の12時丁度に着き遅かったかなと思いましたが、意外にも外に列び客1名でした。
近くのコインパーキングに車を停めて戻ってくると列び客はなくアッサリ入店できました。
ただし店内はほぼ満席です。
その後はあれよあれよという間に列び客が増えて、12時半頃には本日売り切れになってしまいました。

ポークカレー 900円 3.5

この日はチキン、ポーク、サバと3種類のカレーが掲示されていましたが、サバは売り切れ。
そこでポークカレーを注文しました。+100円で大盛になりますが様子見で普通盛りで。

まずは、福神漬代わりのサラダですと、ミニサイズのコーンサラダが出てきました。
コーン、タマネギ、レーズン、トマトがトマトの汁と甘酢で漬けられていて、少し辛味も入って、超甘口のアチャールっぽい感じでした。なんとも言えない良い塩梅の味で美味かったです。

そしてカレーが登場!一見して思ったのは非常に軽めだなということです。少ないということはありませんが、明らかに軽めではあります。全部食べれば意外に満足感がありましたが、量的には腹8分目という感じかな。普通以上に食べる人は大盛り必須ですな。

ウコンだかターメリックだで炊かれたご飯が半月状に盛られて、薄めにルーが注がれ、ポークがゴロゴロと贅沢に盛られています。
ご飯は硬めの炊き具合でカレーにもよく合って良いですよ。
ポークはブロック状ですが角煮のようにバラ肉ではなく脂身少なめの赤身主体です。
それでも本当に柔らかしっとりで大変美味しかったです。量もゴロゴロで大満足!

肝心のルーですが、ゴロゴロのお肉と比べると結構少なめですね。個人的にルーをたっぷり贅沢に使って食べたい派なのでもう少し欲しいところ。
辛さは普通、辛口、大辛とあり、今回は大辛にしました。一口食べて確かな辛さを感じますが、口がヒリヒリしてヒーヒー言うほどの辛さではなく、常識的な範囲で大辛という感じです。

しかし、辛さがしっかりしているだけではなくて、とにかくスパイス感が豊かですね。
一口食べてまず一番に感じるのが苦味です。スパイスビンビンで苦味が先行します。
黒胡椒?山椒?何か黒い粗挽きのスパイスが結構散らされていてこれが苦いのかな?
カレーらしいクミンなどの感じよりも、苦味系のスパイス感が先行するビターカレーですな。
タマネギを始めとした香味野菜とスパイスをしっかり炒めたものが主で、スパイス感だけではなくバックに酸味甘味もしっかりあるのです。所々、フルーツも入っているのではないかと感じるような甘みを感じる部分もありました。

一方、出汁感は割りと控えめで、動物出汁の旨味はそれほど濃く感じるわけではありませんでした。あくまで香味野菜とスパイス感のハーモニーを楽しむカレーという感じです。

食べ終わるくらいのタイミングでアイスチャイが出てきました。予め甘みも入っています。
これがスパイス感がしっかりしていて、甘味もしっかり効いているもので実にうまかった。
カレーの口直しに丁度よいサービスですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ相模原市中央区の人気記事

コメントを残す