「大勝軒 淵野辺店」で「らーめん」

2017年7月夜、相模原市中央区淵野辺のラーメン屋「大勝軒 淵野辺店」に行ってきました。

お店は、淵野辺駅から徒歩6分程度の立地です。
駐車場は、お店の近くの十字路の、お店のあるブロックとは対角線上にある駐車場内に2台分あります。

夜19時半過ぎの訪問でしたので列びなどはなくすっと入れました。
口頭注文で後払い方式のお店です。

らーめん ふつう 730円 3.5

永福町大勝軒系のお店であるこちら大勝軒淵野辺店ですが、銀色のトレイではなく黒のトレイに乗っていたり、ラーメンどんぶりは普通よりはデカめではあるものの永福町大勝軒系の他店よりは少し小さいかったりとチョット趣異なります。

また肝心のスープも見た目からして少し異なります。動物系の清湯に煮干しを合わせてあるあっさりスープの表面に厚いラードの層の油膜が張っているスタイルは同じですが、黒っぽくて澄んでいる他店と比べると、少し茶色っぽくて軽く濁っています。

味的には煮干しのエグさは控えめのマイルドな感じで、やはり少し様子が違いますね。
これ節とか他の魚介系も入っているのかな?
どうもカタクチイワシの煮干しの少しエグみが入ったような永福町大勝軒系の味と少し違う。

また水面の油膜も他の永福町大勝軒系のお店よりもライトです。量うんぬんではなくどうもさっぱりした感じの油なのです。あまり濃いラードの旨味がないというか、どうもサッパリめです。このラードの濃い風味が大勝軒の味の決め手ですから少し寂しいですが、その分魚介系の旨味がほんのりだけどしっかり出ているので味に力があります。
少し変わった系統の永福町大勝軒系のラーメンという感じですね。個性があって良いです。

麺は、少なめで1玉、普通で1.5玉、大盛で2玉だそうです。
普通にしましたが、他の永福町大勝軒系のお店は標準で2玉なので少しだけ少ない感じでした。まあ他が多すぎるのでこれで十二分です。
気持ち太めの中細麺という感じで、少し固めに茹でられて煮干しスープに実によく合います。

具材の豪華さがこれまたすごくて、チャーシュー麺ではなくノーマルなのに、大きめに切られたチャーシューが3枚位乗っていました。赤身肉主体のロース系チャーシューっぽいのですが、非常に柔らかく仕上がっていて美味いです。
その他メンマとネギが乗っていますが、もうネギのボリュームがネギラーメンかというほどのものです。この値段この量でこの味なら人気なのも納得ですね。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!


神奈川県の人気記事

コメントを残す