火星カレー@池袋で鶏&豚カレー

2017年12月夜、池袋のカレー屋「火星カレー」に行ってきました。

お店は、池袋駅西口から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

鶏カレー 890円 3.4

カレールーは同じようですが、実に多数のトッピングが用意されています。鶏、豚、牛、羊、馬、鹿、鴨、カンガルー、草(ほうれん草)、豆、焼きチーズと凄いバリエーションですね。ジビエはともかくとしてカンガルーって・・・

私はといえば奇をてらわずにチキンにしました。一番リーズナブルだし間違いないでしょう。
辛さは無料で上げられる最大の大辛にしました。カイエンペッパーパウダーが振りかけられていて、結構な辛さでしたね。一般的な辛口よりも少し辛いくらい。

ごはん大盛り400グラムも無料ですが、夕食の後の〆だったので中盛260グラムにしました。
何気にこのくらいのご飯の量でも結構満足感あります。一般的な片側にご飯を盛ったスタイルですが、結構な面積にカレーのルーがかけられています。

ルーは結構な粘度のドロドロ系です。油や小麦粉なんかでとろみが付いた感じではなく、香味野菜やチキン?を溶けるまで煮込んで凄い粘度になったという感じですね。
決して酸っぱすぎないものの、香味野菜の酸味甘味としっかりしたスパイス感を感じる味わいです。旨味は鶏?主体と思われるお肉を煮込んであるようで、肉の繊維がほぐれてかなり細かくなった破片が無数にルーに溶け込んでいます。物凄く細かいキーマのような感じかな。

上に乗っているトッピングのチキンは結構な量ですね。胸肉のチャーシューのような感じです。出す前にバーナーで表面を炙っていたようで、若干香ばしい感じになっていますが、パリッとした感じではありません。
予め熱を通してあるチャーシューみたいな肉の表面を出す直前に炙った感じなので、ジューシーさはなく比較的パサっと寄りかな。パサパサではないですけどね。

豚カレー 980円 3.4

こちらは同行者の頼んだ豚カレーです。一口もらいましたが、こっちのほうが良かった。
ご飯の量は同じ中盛ですね。こちらは一番下の甘口なのでカイエンペッパーパウダーはかかっていませんでした。全体的に辛過ぎない感じでバランスのとれた味です。
まあルーに関してはほとんど同じような味でした。

上に乗るトッピングがこちらは豚肉なわけですが、こちらはまさにチャーシューそのもの。
ホロホロに柔らかに仕上がった豚チャーシューという感じで大変美味いです。
カレーにも非常に合うし、こりゃ鶏よりも豚のほうが正解だったな。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す