ラーメン屋「麺処 井の庄 立川」で辛辛魚つけめん

2018年4月夜、東京都立川市のラーメン屋「麺処 井の庄 立川」に行ってきました。

お店は、立川駅から徒歩3分ほどの立川アーバンホテル1F 立川らーめんたま館の中です。
駐車場は、無さそうです。

お店は、らーめんたま館の4店舗の中で右奥にあります。
お店の前の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

辛辛魚つけめん 950円 3.5

麺処 井の庄といえば、寿がきやから発売されている辛辛魚のカップ麺で有名です。
ただ辛いだけではなく、カップ麺とは思えない濃厚な魚介感で、個人的にカップ麺では一番美味いと思っています。

辛辛魚ラーメンを頼むつもりでしたが、つけ麺があったので衝動的につけ麺にしました。
麺は200グラムと300グラムが値段同じで選べるので当然300グラムに。

こちらが出てきたつけ汁です。濃厚に乳化した豚骨スープに、これでもかと魚粉と辛子とラー油を加えてあるおなじみのお味!
辛味がなくても単純に濃厚なダブルスープのつけ汁としてハイクオリティなのが想像できます。
濃厚乳化動物スープをベースに、濃厚な魚介感、そして結構な辛みが合わさっているのですから美味くないわけがありません。辛つけ麺のお手本のような味です。

まさにカップ麺で食べているあの味ですね。当然ながらカップ麺よりも更に美味いのですが、むしろ逆にあらためてあのカップ麺のクオリティの高さを思い知らされました。

例えば蒙古タンメン中本のカップ麺と実際にお店で食べる蒙古タンメンはまるで別物であり、カップ麺の方は蒙古タンメンをイメージして作ったただのカップ麺というイメージです。

一方、辛辛魚のカップ麺は、限りなく本物に近づけようと作っているのがよく分かります。
もちろん本物のほうが間違いなく美味いのですが、カップ麺の凄さも際立ちます。

300gの麺ですが、具はスープの方に入っているので、何も乗らない殺風景な感じですね。
つけ麺としては意外と細く、中太麺くらいのイメージです。しかし冷水で締められて、しっかりコシがありツルっとした食感で良い感じです。スープの掬い上げも良く美味かった!

ちなみに具は、柔らかなチャーシューブロック、メンマ、ネギ、海苔がつけ汁の方に入っています。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都立川市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す