うぐいすと穀雨@雑司ヶ谷でパンを購入しました

2018年6月午後、東京都豊島区雑司ヶ谷のパン屋「うぐいすと穀雨」に行ってきました。

お店は、雑司ヶ谷駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口がわかりにくいですが、こちらのビルの端の階段で上がって2階がお店です。
店内で飲食もできるようですが、今回はパンをテイクアウトです。

コーン 180円 3.5

人気なものを聞くと、1斤サイズで売られている”まいにち”という食パンだそう。
柔らかな生地のタイプだというので、割とフワッとした生地なのかなと思っていたが、予想と違ってかなりしっかりした生地です。気泡が細かく非常に詰まっている感があるものです。
たしかにいわゆる柔らかいタイプのパン生地なんですが、詰まっている感があり非常にしっかりしています。市販のパンと違うみっちり詰まっている感のあるパン。

中心部にはコーンマヨが詰まっているわけですが、市販の表面に乗っているだけのものと違い、真ん中くらいまでガッツリ詰まっていますからね。
コーンもたっぷりで、マヨネーズも熱を入れているのに嫌な固まり方をしておらずフワフワに柔らかジューシーな感じで、なんか非常に状態が良い!
何か特別感があるわけではありませんが、完成度が高いコーンマヨパンでした。

あんぱん 200円 3.5

かなり小ぶりなプチケーキみたいなアンパンですね。コスパは良くないおしゃれ系のパン。
このアンパンも食パンと同じ生地だそうでこちらも人気だという。生地は薄く作られていて、しっかりした生地ながら繊細な感じです。

中にはこし餡とクリームチーズが入っていて、相性も抜群です。
結構甘みが強いタイプのこし餡と、酸味の強いレアチーズケーキみたいなクリームチーズが合わさると良い塩梅の味わいです。

紅茶スコーン 200円 3.4

小ぶりで丸っこい形をしたスコーンです。ザクザクしすぎず、しっとりしすぎない良い塩梅の硬さがあり、程よい噛みごたえです。
細かい紅茶の茶葉がふんだんに散らされていますが、ガッツリ紅茶風味があるというよりはほんのりな感じですね。

むしろ全粒粉ぽいゴリッとした歯ざわりが所々ある方が目立ちました。生地の歯ざわりを味わう感じですね。

ハーブ 170円 3.5

こちらはハードタイプのパンですね。”フランス”というプレーンもありましたがハーブのほうが良いでしょう。
ハード系といっても、トーストしなくても美味しくいただける柔らかめなものです。
超小型のバゲットみたいですが、皮も柔らかで焼かずにそのまま美味しくいただきました。

ハーブがしっかり練り込まれていて、ややグリーンがかった生地は、バジルみたいな風味で美味です。

シナモンロール 280円 3.5

全体的に高すぎないものの非常に小ぶりなものが多く、結局やや高めなお洒落系なパン達といった印象ですが、シナモンロールは値段も一番高いけどボリュームは圧倒的です。小さめのパン屋でなくても結構大きいと感じるレベルのサイズです。

シナモン風味のグレーズを生地で渦巻状に巻いてあるパンで、まあいわゆるシナモンロールの味です。

これまた生地が非常にしっかり詰まっている系のもので、噛みごたえがしっかりしていますね。さらに一番外周の生地は、結構カリッと香ばしく仕上がっていてこれがまた美味かった!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す